この星の格闘技を追いかける

【UFN165】パク・ジュンヨン、終盤にブーイングを受けるも判定勝ち。甲高い声で笑いも勝ち取る

<ミドル級/5分3R>
パク・ジュンヨン(韓国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
マフクアンドレ・バリユー(カナダ)

まず右を見せたバリユー、パクはワンツーからアッパーを放つ。右オーバーハンドに右を合わせ、右ストレートには左フックを入れたパクは、バリユーの動きが見えている。ワンツーにガードを固めたバリユーに対し、パクが右ミドルを綺麗に蹴り込む。と直後にバリユーがアイポークを犯し、試合が中断。再開後、右にワンツーを打っていったパクはボディから顔面とボクシングでバリユーを圧倒して、ダブルレッグで粘られてもテイクダウンを奪いきる。

すぐに起き上がろうとしたバリユーをがぶり、バックを伺ったパクは胸を合わせれると距離を取り直す。ここから近い距離のボクシング戦で右アッパーを2発決めたパクは、テイクダウンを切ってまたアッパーを突き上げる。バリユーもワンツーを繰り出し、ローを入れたが明らかに打撃戦ではパクに軍配が挙がるラウンドとなった。

2R、バリユーの右オーバーハンドを被弾したパクは左フックを当て、さらに右ハイ、ヒザ蹴りでケージに追い込んでダブルレッグへ。スクランブルでバックに回り、バリユーが胸をわせてくるとボディロック&大内を仕掛ける。バリユーはケージを背にして耐えるが、ワキを潜ったパクがバックに回る。自ら離れたパクが間合いを測り右に回る。ロー&バックブローのバリユー、パクは手数が少なくなり回るシーンが目立ってくる。こうなるとバリユーの圧が高まるが、パクが回りながらパンチ、蹴りを見せる。

足を使う場面が一気に増えたパクだが、ジャッジはどのように判断するか。

最終回、前に出るバリユーはアッパーにもひかず、フックを放つ。パクはダブルレッグ&ドライブからバックに回る。ここでも離れたパクはクリンチでヒザを突き上げ細かいパンチから左ジャブをクリーンヒット。バリユーは、それでも下がらず右フックを振るってパクを追いかける。ローを2発蹴られ、左に回るようになったパクに対し、バリユーが左フックを打ちながら前に出る。

バリユーはここでテイクダウンを選択したが、パウはがぶって逆にケージに押し込んでから距離を取り直す。初回の途中から、試合序盤とは違い距離を取り続けるようになったパクに、ついに母国のファンからブーイングが起こる。負傷でもしたか、初回とは別人となったパクは、3-0で勝利者インビューを受け──その声の高さに会場が笑いに包まれた。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie