この星の格闘技を追いかける

【UFN165】韓中対決はカン・ギョンホがリュウ・ピンユェンをスプリットで下す

<バンタム級/5分3R>
カン・ギョンホ(韓国)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
リュウ・ピンユェン(中国)

韓中対決は当然のように地元のカンに大きな声援が集まる。すぐにダブルレッグを決めたカンはハーフからエルボーを落とすが、リュウがフルガードに戻す。下からエルボーを打っていくリュウは三角を伺う場面も。リュウはギロチンを仕掛け、カンが苦も無く頭を抜く。ケージ際に移動し、立ち上がったリュウを追いかけたカンがシングル&足払いで再びトップを取る。終盤カンは立ち上がってパウンドを狙い、蹴り上げを狙うリュウの足首を掴みながらタイムアップを迎えた。

2R開始直後、近い距離で右ハイを放ったカンが左ジャブにローを合わされた直後に、シングルレッグでテイクダウンを決める。ワキをすくってめくりたいリュウだが、これはさすがに決まらず逆にエルボーを被弾する。リュウのケージキックからの腕十字を防いだカンが、トップキープを続ける。バタフライガードも背中をマットにつけているため、足がきかないリュウはエルボーを受けて足を一本抜かれる。フルガードに戻すまでしか挽回できないリュウが、ケージを利して立ち上がろうとするが、カンは左足を束ねて立たせずラウンド終了となった。

最終回、左ジャブから右を振るい、右ローをリュウが決める。カンも右ローを返し、左ジャブを届かせる、ダブルレッグを切ったリュウは、ケージに押し込まれても押し返して離れる。続くシングルも切られたカンは、さらにダブルレッグをしかけるもリュウがスプロールからがぶってバックを伺う。立ち上がったリュウだが、カンのハイをよけたところで姿勢を乱し抑えられる。リュウは頭を押してケージ際に移動。ここでカンは起き上がろうとしたリュウに体を預けてトップを取り切る。

残り2分、クローズドガードのなかで肩を胸におしつけて抑えるカンは、下からのエルボーで大量の流血に見舞われる。ガードからエルボーを続けたリュウは立ち上がることはなく、最後の10秒でパンチをまとめようとしたカンのゲームを崩すことはできなかった。

ジャッジはスプリットに割れたが、カンが判定勝ちし「判定が割れる恐れはあった。テイクダウン防御が強かったけど、タイミングが全てだったよ」と話した。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie