この星の格闘技を追いかける

【DEEP93】鈴木琢仁、ダウンを奪いガードでコントロールし窪田からスプリット判定勝ち

Suzuki【写真】らしい柔術的な攻めだけでなく、右でダウンを奪って勝利した鈴木(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<フェザー級/5分2R>
鈴木琢仁(日本)
Def.2-1:20-18.20-18.18-20
窪田泰斗(日本)

まず右ハイを見せた鈴木、かわした窪田は左ミドルを蹴る際に滑って倒れる。立ち上がった窪田に組んだ鈴木がケージに押し込んでいく。体をいれかえるなかで、窪田のヒザ蹴りが急所に入り試合が中断される。

再開後、右を入れた鈴木がシングルレッグへ。足をリリースしてワンツーフックを打ち、さらにダブルに入った鈴木は左を差してテイクダウンを狙う。体を入れ替えた窪田だが、鈴木が再び押し返す。左腕を差し上げてテイクダウンを決めた鈴木は腰を切れないように抑えて、一気にマウントを奪う。ブリッジをすかしてバックを伺った鈴木だが、そのまま前方に落とされそうになりガードを選択する。窪田は左のパウンドを落とし、ケージを蹴って頭を入れ替える。またケージに頭を持っていった窪田が起き上るとシングルから引き込んだ鈴木はヒジとパンチを打たれつつ、上を取り返したところでタイムに。

2R、後ろ回し蹴りを繰り出した鈴木は、右ストレートを当ててダウンを奪う。組んできた窪田のバックに回った鈴木がパンチを落とし四の字フックに。後方からパンチを入れるが、ここも前方に落とされる。一旦立ち上がり、スクランブルを許さず足を一本抜きに掛かった窪田に対し、鈴井が半身でボトムからパンチを打つ。

窪田はヒジを落とすが、ダブルアンダーフック&ハーフの鈴木がリバーサルを狙う。一度は潰された鈴木はハーフからエレクトリックチェアーのような形になるが、ワキを差しにいき時間の経過を待つ展開に。このまま時間切れとなり、意外にもスプリットに割れた判定で鈴木が勝利を手にした。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie