この星の格闘技を追いかける

【World NO GI 2019】世界と伍することができるか、世羅智茂&ミドル級に世界を震撼させたリオン登場

Sera【写真】ノーギワールドという選択肢も良い、世羅。世界に何を見せることができるか(C)MMAPLANET

12日(木・現地時間)から15日(日・同)にかけて、カリフォルニア州カリフォルニア州アナハイムのアナハイム・コンベションセンター・アリーナにて、IBJJF主催の世界ノーギ柔術選手権大会が行われる。ノーギ・グラップリングの国際大会としては、2年に1回のADCC世界大会に次ぐ規模を誇るこの大会のプレビュー第3回は、世羅智茂が出場するライト級とミドル級──中量2階級の行方を占ってみたい。


【ライト級】
チーム戦形式のグラップリングイベント、QUINTETにおける活躍で一躍名を挙げた世羅智茂(カルペディエム)がエントリー。徳留一樹や出花崇太郎を一瞬で仕留めた強烈無比な極めが世界の舞台でも炸裂するか、要注目だ。

その世羅の初戦の相手は、エクアドル出身のジョニー・タマ(アリアンシ・インターナショナル)。ギあり、ノーギともに精力的に試合に出場し、今年のNYスプリングオープンでは決勝で昨年の世界王者シェーン・ヒルテイラーと決勝で戦い、アドヴァンテージ差で惜敗する等、実績を残している選手だ。この強豪を倒せば、世羅の名は国際的に響き渡ることとなる。

その他この階級には、このノーギ・ワールズを過去3回制しているサミール・シャントレ(アレス)、今年の世界柔術で3位入賞の健闘を見せたホドリゴ・フレイタス(ホドリゴ・フレイタス柔術)といった強豪もエントリーしている。

(C)SATOSHI NARITA

(C)SATOSHI NARITA

【ミドル級】
まず注目すべきは、先日のADCC世界大会にて柔術世界絶対王者のルーカス・レプリからバックを奪って完勝し、世界を驚かせたカナダの新鋭ダンテ・リオン(GFチーム)。レプリ必殺のニースライスの侵攻を一切許さないどころか、完全に切り崩してみせた恐るべきキレ味のガードゲームは、現在の世界グラップリング界の最先端をゆくものと言えるだろう。

このリオンに立ち塞がる大きな壁が、過去三度柔術世界王者に輝いてオターヴィオ・ソウザ(グレイシー・バッハ)だ。柔術界の頂点を何度も極めたこの男だが、ノーギ・グラップリングではADCC世界大会、そしてこのノーギ・ワールズとどちらも過去最高位は準優勝。このタイトルはぜひ欲しいところだろう。

その他この階級には、今年のパン・ノーギとヨーロピアン・ノーギの両方を制している21歳の新星ジェファーソン・グアレシ(ユニティ)、かつてこの大会で二度準優勝を果たしているジョナサン・サタヴァ(アリアンシ)等の強豪もエントリーしている。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie