この星の格闘技を追いかける

【Road FC57】未完の王者コンビ=ユンジュン&スーチョルがタクミ&清水と組み技戦。XXに奈部ゆかり出場

Road FC57【写真】ユンジュン✖スーチョルの実戦復帰が、グラップリングで実現。中山と清水、どのようなマッチアップとなるか (C)

19日(火・現地時間)、Road FCより12月14日(土・同)に韓国ソウルのグランドヒルトン・ソウル・コンベンションセンターで開催されるRoad FC57 Part.01で日韓対抗グラップリングマッチが組まれることが発表された。

同大会はPart.02が女子大会=XX(ダブルエックス)が開催され、第一部の男子大会のなかで今回のグラップリング戦が行われる。


「Return of The Kings」と銘打たれた組み技マッチは韓国側から前Road FCバンタム級王者キム・スーチョルと同フェザー級王者イ・ユンジュンというチャンピオン・コンビ、日本からはタクミと清水俊一が出場する。

試合形式は5分✖1Rのノーポイント&サブオンリー、日韓勢がそれぞれ1✖1で戦い1勝1敗になった場合は勝った選手同士の決着戦。2試合とも時間切れドローだった時は代表1名が戦って勝敗を決める。

持病が原因で引退を余儀なくされたイ・ユンジュン、燃え尽き症候群のようにMMAから退いたキム・スーチョル。ロードFCが生んだ最高のチャンピオンが、このような形で実戦の場に出てくるのは嬉しい限り。またMMA引退から2年半、血管も筋肉=中山巧と、チームを結成するMMAトラベラー清水は、キム・スーチョルに3年前に完敗を喫しており、再戦が実現するようなら組み技ながら3年前のリベンジを現役として果たす必要がある。

Nabeなお同大会では第一部でイ・ユンス✖ラ・インジェの新旧ミドル級王者対決、元ライト級王者ナム・ウィチョル✖ファイアーファイター=シン・ドンシク戦、XXではアトム級でパク・ジョンウン✖シム・ユリ戦に加え、日本から奈部ゆかりが出場。ソウル在住の米国人ファイターでロードFC育ちのローワン・ピルガーと、60キロ契約で対戦することも決まっている。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie