この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC38】村田夏南子、日本人2人目のインヴィクタ世界王者に。「アタック、アタック、アタック」

<Invicta FC世界ストロー級王座決定戦/5分5R>
村田夏南子(日本)
Def.2-1:49-46.48-47.47-48
エミリー・ダコーテ(米国)

サウスポーの村田は右ジャブを伸ばしつつ、間合をはかる。ダコーテは右ロー、村田が左ミドルを蹴っていく。ダコーテの右に左を返した村田は、続いてテイクダウンへ。ケージにダコーテを詰めて、レベルチェンジから前方に崩す。すぐに立ち上がったダコーテのバックに回った村田は、正対してからの大内刈りもテイクダウンを奪えない。離れたダコーテが右ロー、続く右ストレートに村田は組んで大内刈りを決める。

クローズドガードからケージを蹴ろうとしたダコーテが腰を切って腕十字へ。村田が防ぐと、ダコーテはクローズドに戻る。左のパンチ、右のエルボーを落とす村田は腕十字を察知し、右ヒジを畳んで左のパウンドを振り下ろす。腰をずらして立ち上がったダコーテをヘッドロックで崩した村田は、肩を抜いてバックに回らせずトップを取り切る。ダコーテがハイガードから素早い仕掛けで三角、そして腕十字を狙うも村田は肩を押しこんで防いだ。

2R、笑顔を見せる村田に、ダコーテが左ハイを狙う。右ジャブを当てた村田は重心を下げるフェイクを見せ、ジャブと左ストレートを伸ばす。これはかわしたダコーテは、村田のハイキックに続くダブルの仕掛けを切り、アンクルピックも即座に反応して離れる。それでも村田は左の前蹴りを入れ、ダコーテも左右のローを返していく。右ボディに当てたダコーテに対し、村田はスーパーマンパンチ、続いて右フックを繰り出す。ワンツーの打ち終わりに左フック、右を軽く受けた村田はダコーテのステップインにダブルレッグを合わせてテイクダウンを決める。

残り90秒、クローズドガードのダコーテの腕十字を慌てずディフェンスした村田は、立ち上がって左のパウンドを継続的に決める。ガードの中に戻った村田に対し、ダコーテがここも腰をきって腕十字を仕掛ける。村田は極めさせず左のパウンド、ダコーテがまた腕十字を仕掛けたが、頭を刈らせずパンチを打ってラウンドを取った。

3R、ダコーテの左ジャブに対し、左ストレートをヒットさせた村田は左ハイをガードし基本はレンジのやや外を位置取る。ダコーテのステップイン&左ジャブに、右を合わせた村田は正面でパンチを受けそうになると、右に回って距離を外すとローに右を入れ、組みついていく。ここはダコーテが防いでヒザを腹に突き刺す。それでも右ストレートと右ジャブの打ち合いで負けなかった村田は、左をヒット。続いて右アッパーから組みつき、離れ際に左を当てに行く。

直後のシングルを切ったダコーテだが、攻撃面での加点はほとんど見られない。と、村田は残り50秒を切ってシングルレッグを成功させる。右のヒジを畳み、左のパンチをコツコツ落とした村田がこの回もモノにした。

4R、村田は右フックを振って、シングル。体を捩じって逃げたダコーテが右ボディストレートを届かせる。村田は右フックを決めると、ダコーテも右ストレートを返す。スイッチを織り交ぜたダコーテが右ストレートをヒットし、テイクダウン狙いを切る。ダコーテの左ハイが村田の顔をチップも、左ストレートを打ち返す。

ダコーテはまたも左ハイを当て、右から左ストレート、ワンツーで右を打ちこむ。村田はダブルレッグをケージに押し込み、右腕を差し両ヒザをついてテイクダウン。ダコーテがクローズドガードを取り、頭を抱えてくる。ほぼ腰を切って腕十字と、真正面から三角という攻め手しかないと思われたダコーテが、余り腰を切ることなく腕十字へ。ステップオーバーして防御した村田がスタンドに戻ると、ダコーテは蹴り上げへ。側転パスガード狙いの村田は、シングルレッグでバックを譲るも、前方にダコーテを落としラウンド終了に。この回は、初めてダコーテのラウンドとなったか。

最終回、左前蹴りを繰り出した村田。ダコーテが右ストレートを当てる。蹴りをキャッチした村田は、テイクダウンこそ未完となったが、ローに左ストレートを合わせ、前蹴りへ。続くシングルレッグを切られても、ボディにヒザを突き上げる。村田はセコンドの指示通り左ミドルを決め、右クロスをクリーンヒットさせる。

右を当て、シングルレッグで決めた村田はハーフへ。ダコーテは手首を取り三角狙い。腕を引き寄せた村田にスイープを狙うダコーテは、下になってもねちっこい寝技を駆使する。残り90秒、腰を切って腕十字で村田の右腕を伸ばしに掛かったダコーテ。体を跨いで防いた村田は、腰を上げてエルボーを落とす。続く腕十字を狙いも防いだ村田に、ダコーテはヒールフック、そこから上へ。村田もシングルで立ち上がり、追い込まれることなくスタンドに戻る。残り10秒、飛び込むようにテイクダウンを狙った村田。切ったダコーテががぶった状態でタイムアップに。

初回から3Rまで村田、4Rはダコーテ。最終回は微差でダコーテの可能性もあるが──無難に考えると村田の勝利は堅い。果たして……ジャッジの裁定は割れ、村田に凱歌が挙がった。

大きく手を広げ、満面の笑みを浮かべた新Invicta FC世界ストロー級チャンピオンは「What’s happen」とシャウト。「相手の選手が自分が思っていた以上に強かったです。私は打撃にそんなに自信がないんですけど、コーチが教えてくれた打撃とレスリングでアタック、アタック、アタックしようと思っていました。チャンピオンになったからには、やる試合──やる試合、防衛できるようにもっと強くならないといけないと思いました」と話し、CSAコーチのキリアン・フィッツギボンズ氏とハグすると涙を見せた。

日本人選手のインヴィクタ世界王座戴冠は、浜崎朱加のアトム級王座に続き史上2人目の快挙だ。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie