この星の格闘技を追いかける

【UFC ESPN06】テイクダウン勝負のウィン、打撃のスチュアートにスプリット判定に敗れる

<185.5ポンド契約/5分3R>
ダレン・スチュアート(英国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
デロン・ウィン(米国)

身長で上回るスチュアートが右ストレートをヒット。ウィンは組みついてドライブし、ケージに押し込んでいく。スチュアートはエルボーを落とし、クリンチになっても頭を押してヒジを打っていく。一瞬、動きが止まったウィンはシングルからリフトしてテイクダウンを決めると、三角絞めを担いでパスを狙う。スクランブルから立ち上がった両者、直後にウィンがテイクダウンを決め、スチュアートの左足を制してパンチを打っていく。背中を譲ったまま立ち上がったスチュアートは、胸を合わせると右エルボーを3発入れる。ウィンはここもダブルレッグからリフトしてテイクダウン、ガードの中に収まり、スチュアートのエルボーを頭部に受けながらパウンドを落とした。

2R、頭頂部をカットし流血のウィンのローシングルをかわしたスチュアートが鋭い左ジャブを当てる。左フックを振るって前に出たウィンだが、ここでスチュアートの蹴りが急所に入り試合が中断される。再開後、ケージにスチュアートを押し込んだウィンが、体を引いていなすようにしてテイクダウンを奪う。立ち上がって正対したスチュアートは離れたウィンにパンチを連打する。テイクダウンを切られ、パンチを被弾する数が増えたウィンは右ハイを狙い、直後にダブルへ。ケージを背負って倒れないスチュアートは、シングルレッグにエルボーを振り落とすが、ウィンは潜りこむように低い姿勢からリフトしてテイクダウンを決める。

すぐに立ち上がるスチュアートに対し、テイクダウンの攻防で攻めるウィンの方が削られ、タイムアップ寸前に右ストレートを2発受けてバランスが崩れる場面が見られた。

最終回、「レスリングだけじゃない。ファイトしろ」とセコンドに叱咤されたウィンだが、やはり動きはテイクダウン狙いに。それでも右オーバーハンドを当てたウィンは、直後にスチュアートの左ジャブから右ストレート、左フックを打たれる。残り半分、フックで前に出たウィンがテイクダウンを決めるが、スクランブルでシングルを潰されパンチを打たれる。それでもアンクルピックで上を取り切ったウィンは、ガードの中から左のパンチを振り下ろす。立ち上がろうとしたスチュアートのバックを取ったウィンはハイクロッチからリフトアップして、豪快にスラムを決める。残り30秒で立ち上がったスチュアートが右ストレート、左ジャブへ。スチュアートも疲れが見え、足を止めての打ち合いでフックを被弾してしまう。最後にギロチンから引きこんだスチュアートだが、直後に試合終了に。

ウィンとしては初回と3Rのテイクダウンの攻勢をジャッジが認めるかどうか。倒されても立ち上がり、パンチを入れたスチュアートのラウンドとなれば勝ち目はない。結果、スプリットに割れた勝負でスチュアートが勝利を手にした。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie