この星の格闘技を追いかける

【UFN158】クラシカルな打✖組の一戦はダウンを奪ったホールがジュニオールをスプリットで破る

<ミドル級/5分3R>
ユライア・ホール(ジャマイカ)
Def.2-1:29-28.29-28.29-28
アントニオ・カルロス・ジュニオール(ブラジル)

左ジャブを伸ばすホール。ジュニオールは右クロスを受けてシングルレッグからボディロックへ移行する。ケージを背にしたホールは小外掛けでテイクダウンを奪われると、背中を見せて立ち上がろうとする。すかさず飛び乗ったジュニオールが両足をフック。そのジュニオールは右を被弾した際に鼻を折ったか、大量の流血が見られる。ホールはジュニオールの鼻血で左肩の辺りが真っ赤に染まりながら、手首を掴んで絞めを許さない。自ら着地したジュニオールは、ジャブから右を受けて再びシングルレッグへ。

これを切ったホールが右ストレート、左フック、そして右ストレートを打ちこむ。ホールのジャブに打ち負けるジュニオールだったが、右を当ててダブルレッグへ。ジュニオールはテイクダウンからハーフを取り、右エルボーを落としトップでラウンド終了を迎えた。

2R、引き続きホールが左ジャブを当て、ジュニオールのテイクダウン狙いを切っていく。左ジャブでのけ反ったジュニオールは組んでホールをケージに押し付ける。残り2分40秒で離れた両者、直後にホールが右ストレートを当ててダウンを奪う。パウンドを腕十字で切り返したジュニオールだがホールは腕を抜いてパンチを続けると、自らスタンドに戻る。立ち上がったジュニオールは再びケージへ。右エルボーを入れてからダブルを切られたジュニオールは、残り1分でダブルレッグを決めバックへ。ホールは胸を合わせて離れ、左ジャブ。ワンツーから右ハイを見せてラウンドを締めくくった。

最終回、スピードが乗った左ジャブに続き後ろ回し蹴りを見せたホール。組んだジュニオールは背中に回って後方に自ら倒れ寝技委持ち込む。四の字フックで固めたジュニオールに対し、手首を掴んだホールが絞めに入らせない。ワキにパンチを入れ、腕をねじ込もうとするジュニオールはポジション維持がプライオリティか。残り90秒、アゴの上からネックロック気味にゲイブルクラッチで絞めるジュニオール。ホールは四の字フックを取られたまま試合終了を迎えた。

初回をどちらのラウンドとするか。スプリットとなった試合は、ホールが勝利を手にした。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie