この星の格闘技を追いかける

【UFN156】15分間のノンストップアクション、ペルーのバルゾラがモフェットにスプリット勝利

<フェザー級/5分3R>
エンリケ・バルゾラ(ペルー)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ボビー・モフェット(米国)

バルゾラが左ミドル、右ローから左フックをモフェットが返す。モフェットは左ハイや後ろ回し蹴りを繰り出し、バルゾラのスーパーマンパンチに会場が沸く。中間距離で相手の攻撃をかわしつつ、自らの一手を探る両者。モフェットがローとパンチのコンビを決め、右フックから左ハイを良いタイミングで放つ。蹴りを織り交ぜ、近距離のパンチで優位に立つモフェットとやり合い、消耗が見えるバルゾラは最後のダブルレッグを決めた。

2R、左を伸ばすバルゾラに対し、モフェットが右を当てローを蹴る。バルゾラは下がらず組んでテイクダウン。すぐにモフェットが立ち上がって離れる。テイクダウンを見せたことで、モフェットのペースを乱したかったバルゾラだが逆に組まれてケージに押し込まれる。ここを切ったバルゾラが左右のフックで攻めると、モフェットは組みを交えるファイトに転じ、途端にパンチが荒くなる。バルゾラが左から右を当て、さらに左を伸ばす。蹴りも無くなったモフェットはジャブを被弾し、右目の下が赤く染まっている。ボディロック&バック奪取のモフェット、バルゾラは胸を合わせて離れた。

直後に左フックを飛び込みながら当てたバルゾラに、モフェットが右ローを蹴る。バルゾラはパンチから右ハイを見せたが、ここで一気に動きが落ちモフェットのパンチの猛攻を受ける。それでも残り20秒でテイクダウンを決めたバルゾラがラウンドを取り返した。

最終回、ステップバックで姿勢を乱したモフェットに対し、バルゾラが左ジャブをくりだす。バルゾラの右ローに、左ジャブから右のパンチ、そして左の蹴りというコンビを見せるモフェット。バルゾラがスーパーマンパンチで距離を詰めて左フックを当てる。続くダブルレッグをスイッチから逆に押し込んでモフェットが、ケージに詰めて左のパンチを連打する。

ローを蹴られたバルゾラが、太腿を叩いてもっと蹴ってこいとアピール。残り2分、右を当て左を当てられたモフェットが右を打ち返す。左を振るって前に出たバルゾラは、再び右を被弾し左ミドルを蹴られ大きく息をする。最後の30秒、蹴りを交えて殴り合いのなかでバルゾラがダブルレッグを決め、モフェットが起き上ったところでタイムアップに。

ハイペースで動き続けた15分間、結果はスプリットでバルゾラが勝利を手にした。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie