この星の格闘技を追いかける

【Pancrase307】ボカン・マスンヤネ、バックスープレックス、バック宙防御、異次元のフィジカル

Bokang【写真】フィジカル・モンスター、マスンヤネが脅威のパンクラス初勝利を挙げる(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<フライ級/5分3R>
ボカン・マスンヤネ(南アフリカ)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
荻窪祐輔(日本)

フックを振るって前に出るボカンに、荻窪が左フックを合わせようとする。組んでバックに回ったボカンは豪快なバックスロー、スタンドで待ち受け左ハイを蹴り込む。パウンドを落としバックコントロールのボカンは、腰にヒザをいれ荻窪を引きずるように自陣に連れてくると、足を捌いて殴って再びバックを取り、またもバックスープレックスを決める。バックから殴るボカンは、ワキに腕を抱えてくる荻窪の正面に回ると肩に担ぎ、走ってスラムを決める。スクランブルに持ち込んだ荻窪を投げ、シングルにはバック宙するように足を抜いたボカンは、テイクダウンからトップを取り初回を3-0とした。

2R、左ローから左ジャブを見せたボカンは、組みつくと一気にボディロックテイクダウン。ハーフからケージを背に立ち上がろうとする荻窪は、右手を背中越し取られマットにつかされる。バックコントロール&鉄槌のボカンの圧力に、荻窪は立ち上がってもヒザを着いてしまう。何とか立ち上がった荻窪は、ワンフックからバックを許し両足をフックされる。

強引なマウント狙いにワキを潜るように立ち上がった荻窪は、すぐに崩され懸命にガードワークへ。シットアップから立った荻窪は腰をコントロールされ最後も崩しからバックに回られ、またも3票を失った。

最終回、手を着いた蹴りから起き上がってダブル、肩に担いでスラムを決めたボカン。荻窪は成す術なく、バックを譲りスクランブルからの小手投げも、ボカンが片足で耐え続けてしまう。結局、正面を向きテイクダウンからバックに回ったボカンは、後方から足を払って荻窪に尻もちをつかせる。その後もバックコントロール、正面に回ってダブルレッグ──さらにバックという動きでボカンが試合を支配する。

テイクダウン&コントロール力で荻窪を圧倒したボカンは、サイドバックでコントロールしヒザをボディに打ち込む。残り30秒で2度バックスローを決めたボカン、最後までバックからパンチを荻窪に入れ、試合終了と同時にバック宙を2度見せた。フルマークでパンクラス初勝利のボカン、次の試合が今から楽しみだ。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie