この星の格闘技を追いかける

【WJJC2019】ミドル級 最大激戦区を制したのは、残り1プレーでアドバン重ねたアウジェス

Arges【写真】ミドル級で2年振り、2度目の頂点に立ったアウジェス(C)MMAPLANET

5月30日(木・現地時間)から6月2日(日・現地時間)にかけて、米国カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて、IBJJF主催のブラジリアン柔術世界選手権が行われた。競技柔術世界一を決定するこのムンジアル・レビュー第12回は、世界的強豪が相次いでエントリーし、最激戦区となったミドル級の戦いをレポートしたい。


01強豪揃いのこの階級で、いきなり2回戦で波乱が起きた。昨年一本勝ちの山を築いて準優勝に輝いた北欧の旋風トミー・ランガカー(KMR BJJ KIMURA)が、これまで世界大会はライト級で出ていたマイケル・リエラ・ジュニア(アトス)と対戦し、終盤の噛みつきパスを後転スイープで切り返されて4-2で敗れてしまう。

02そのリエラ・ジュニアを日曜日の準寿決勝で迎え撃ったのは、圧倒的なフィジカルを持つ優勝候補のマルコス・ティノコ(アリアンシ)だった。クローズドガードからのヒップバンプ・スイープでマウントを奪いかけたティノコは、さらに右足を掴んで後ろに倒して2点を奪うと、その後は強烈なプレッシャーで主導権を握り、最後は体重をかけてリエラ・ジュニアの体を二つ折りにしてからのレッグドラッグでパスを奪い、5-0で完勝した。

03ティノコは準決勝で、16年はオターヴィオ・ソウザと決勝クローズアウト、17年に正真正銘の世界王者となったガブリエル・アウジェス(グレイシー・バッハ)とのマッチアップに。アウジェスは前戦で15年の世界王者クラウジオ・カラザンス(アトス)のヒザ十字狙いに乗じてバックを奪って完勝し、準決勝に駒を進めてきた。ティノコ相手に引き込んだアウジェスは、得意のオープンガードを駆使してティノコのプレッシャーに対処すると、やがて50/50を作って膠着戦に。残り1分のところで上になってそのまま守りきって2-0で勝利、2年ぶりの決勝進出を果たした。

04もう一つのブロックから上がってきたのは、前年度覇者のイザッキ・バイエンス(アリアンシ)だ。準々決勝ではライト級の強豪JTトレス(アトス)を50/50戦で下し、準決勝では、元世界王者のオターヴィオ・ソウザ(グレイシー・バッハ)を下して勝ち上がったジェイミー・カヌート(GFチーム)をトーホールドで仕留めての決勝進出だ。

かくして、17年度王者のアウジェスと18年度王者のバイエンスによる頂上決戦が実現した。

05<ミドル級決勝/10分1R>
ガブリエル・アウジェス(ブラジル)
Def. by 4-4 アドバンテージ3-2
イザッキ・バイエンス(ブラジル)

06引き込んだアウジェスは、まずはクローズドガードを取る。バイエンスが立ち上がると、アウジェスは自らの体を折り曲げてバイエンスの左足を自分の左腕でフック。そのままバイエンスの左足を自らの背中越しに引き出して左ワキに抱える複雑な体勢を作って揺さぶるが、バイエンスはバランスを保ち左足を抜いてみせた。

07ならばとオープンガードに移行したアウジェスは、バイエンスの左足に両足を絡めて引き出だすと、そのまま崩して上になり2点先制。ここで両者の足が50/50で絡んだ状態になると、バイエンスはシットアップして上を取り返し同点に。その後はお互い足を絡めてラペルを掴み合いながらの50/50シーソー戦となる展開が続いた。

08ともに一度ずつ上下を取り返し合い、ペナルティも1つずつもらった状態で残り2分に。上にいるバイエンスがアキレス腱固めを仕掛け、アドバンテージを1つ先行する。時間のないアウジェスは、50/50のままバイエンスの股をくぐって背後に付くと、残り30秒で強引に立ち上がって上を狙う。ハイエンスは背中を見せて逃げようとするが、アウジェスはボディロックからテイクダウン。場内のバッハ応援団から大歓声が湧き上がるなか、バイエンスも再び背中を向けて立ち上がる。

09それでもボディロックを離さずついていくアウジェスがバックに飛びつくと、バイエンスはアウジェスを背負ったまま前転して上に。そのまま両者ともに上を取りにゆくが、バイエンスが正対してクローズドガードの中に入ったところで試合終了。と同時に、アウジェスにニアスイープとニアバックで2つのアドバンテージが追加される。土壇場の攻防でまんまと攻勢点を稼いだアウジェスが、大逆転で2年ぶりの優勝を飾った。

10天下一品のスイープ力を持つアウジェスと天下一品のトップキープ力を持つバイエンスの試合は、50/50のシーソーゲームに。これも世界の頂点に立つ超実力者二人が、ルールの枠内にて全力で勝利を目指したゆえのこと。2019年の競技柔術のリアルな現実がここにある。昨年圧巻のフィニッシュを連発して膠着戦を破壊したトミー・ランガカーは、来年ここにどう絡んでくるだろうか。早々の敗退はライト級のリーヴァイ・ジョーンズレアリーと同様に、今年のムンジアルで数少ない残念な事態であった。

■ミドル級リザルト
優勝 ガブリエル・アウジェス(ブラジル)
準優勝 イザッキ・バイエンス(ブラジル)
3位 マルコス・ティノコ(ブラジル)、ジェイミー・カヌート(ブラジル)

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie