この星の格闘技を追いかける

【UFC238】見事なキックボックスMMAを見せたグラッソが、コバケビッチに快勝

<女子ストロー級/5分3R>
アレクサ・グラッソ(メキシコ)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
カロリーナ・コバケビッチ(ポーランド)

ワンツーからローを入れたグラッソが右ストレートを当てる。コバケビッチの前進を左ジャブで止めると、再び右ストレートを当てる。下がらないコバケビッチは近距離でヒザ蹴りを放つ、右ローを入れる。グラッソはワンツーから右ストレートとパンチで元タイトルチャンジャ―を上回る立ち上がりを見せ、ジャブから右ストレート、左ボディフックを打ちこむ。

コバケビッチも蹴りを交えて抵抗するが、手の圧力でグラッソが上回る。ジャブで突き放し、右が届かない距離だとローを蹴るグラッソは右に回りつつ、ステップインでワンツーを当てていく。ワンツーから蹴りまでまとめるグラッソは、ガードを固めるコバケビッチの腹にミドルを蹴る。パンチの回転数を上げたコバケビッチに組みついたグラッソは、体を入れ替えられてもボディにパンチを打って離れると、ミドルでラウンドを締めた。

2R、グラッソが左ローから左ミドルを入れ、さらに右ローを蹴り込む。そして右フック、左ジャブと初回と同じようにペースを握る。コバケビッチも引き続き下がることなく、前に出て右ストレートをヒットさせる。グラッソは右を当てて流れを許さず、コバケビッチも蹴りとパンチを交えた攻撃で初回よりも精度が上がった攻撃を見せる。

コバケビッチは組んでケージにグラッソを押し込むが、ヒジとヒザを受けてしまう。ついに表情が変わり始めたコバケビッチに対し、グラッソは左リードフックからワンツーを決め、右フックを当てて離れる。コバケビッチは近距離の打ち合いに持ち込みたいところで、その距離になる前にパンチを被弾する場面が目立ったまま2Rが終わった。

最終回、前足の左でハイキックを放ったグラッソが、ロー、ミドル、そして前蹴りとキック中心の攻めを見せてからサークリングへ。組んでヒザ蹴りからテイクダウンを狙うコバケビッチだが、グラッソはオーバーフックからヒザ蹴りを顔面に連続で突き上げる。前に出て攻撃を被弾するコバケビッチは、接近戦のヒザ&ヒジを受けていよいよ追い込まれる。

離れては左ミドル、左ローに左ジャブ、さらに踏み込んでからの左ジャブ、ワンツー&右ローといよいよコバケビッチが圧倒するようになったグラッソが、ワンツーを入れる。鼻血を見たコバケビッチは、続くワンツーで頭が揺れるようになる。スピニングバックフィストを狙うような素振りから、そのまま右ストレートを打ちこんだグラッソは一瞬、バランスを崩す場面もあったが、接近戦でもスピニングバックフィストからミドルとコバケビッチをアッとする。ラウンド終了間際にはコバケビッチのダブルレッグにギロチンを合わせたグラッソは、ウィナーコール前から喜びを隠せないような笑みを見せ──判定勝ちに。

見事な打撃戦を見せたグラッソは「厳しい時を過ごしたけど、ずっと諦めなかったの。どんな時も自分を信じていた」と手術から復帰&勝利を振り返った。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie