この星の格闘技を追いかける

【UFC238】イェン・シャオン、元インヴィクタ王者アンジェラ・ヒルに競り勝つ

<女子ストロー級/5分3R>
イェン・シャオナン(中国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
アンジェラ・ヒル(米国)

声を出しながら蹴り、パンチを放つイェン。ヒルのヒザに右フックを合わせる。ヒルは右ローで足が持っていかれそうになるが、スーパーマンパンチから組んでヒザ蹴り、そしてテイクダウンに成功する。イェンはラバーガードからフルガードに戻し、シットアップ。ヒザ蹴りのヒルから逆にテイクダウンを奪う。ハイガードから腕十字を狙うヒルは、イェンが腕を抜くと三角絞めへ。残り10秒で腕を送られたイェンだが、時間に救われた。

2R、イェンのサイドキックで姿勢を見せだしたヒルは、初回終盤の攻撃でやや息が切れているか。イェンは左ジャブ、ややサイドキック気味のローから右ストレートを当てていく。一発が当たると、次のパンチ、そして蹴りまで攻撃を続けるイェンがペースを握る。ヒルの前進に左を合わせたイェンは、左を逆に被弾しても間合いを図りながらサイドキックを見舞っていく。

ヒルのテイクダウン狙いを切り、ミドルからワンツーを入れたイェンはジャブを2発当てる。巧みなステップバックでヒルの攻撃をかわすイェンだが、ヒルもさらに距離を詰めてパンチを打っていく。そこのイェンが迎え撃つ、飛び込んでヒザに出たヒルにダブルレッグを決める。ヒジを落とされた立ち上がったヒルは、ケージに詰まったイェンにスピニングバックフィストを放つもバランスを崩したところにパンチを纏められてラウンドを失った。

最終回、左ジャブの相打ちからローを蹴ったイェン。足を使いつつ勢いで上回る攻撃を続け、ローからワンツーを決める。ヒルも左ジャブ、左フックを放つも体の軸が乱れることが多い。以前のようにジャブ代わりでなく、要所で放つサイドキックを上下に打ち分けるイェン。ヒルも右フックを返し、イェンが間合いを取り直す。再び右フックを当てたヒルは首相撲からヒザ蹴りへ。イェンは左ミドル、ヒルが右フックからサイドキックを繰り出す。ここに来てヘッドムーブでパンチを避けて、左ジャブを当てるようになったヒルが右を当てる。さらに左を当てたヒルに対し、イェンも前蹴りを繰り出しダブルレッグのフェイクを見せたところでタイムアップとなった。

ポイントメイクでなく本能のままに戦い続けたような終盤を経て、イェンが29-28を3票集め元Invicta FC王者から判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie