この星の格闘技を追いかける

【UFN152】地元の大声援を受けたデス・グリーンが、テイクダウンでジョーデインを下す

<ライト級/5分3R>
デス・グリーン(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
チャールズ・ジョーデイン(カナダ)

ロチェスター出身、ご当地ファイターのグリーンに大きな声援が集まる。ジョーデインが前蹴りを見せてワンツーで前進すると、グリーンが右ジャブを迎え撃つ。左ローを蹴ったグリーンは、ジョーデインの距離が合わない飛びヒザの着地に右を合わせる。右ジャブを被弾するジョーデインが構えを変えるが、グリーンは惑わされず右前蹴り、ワンツーを放つ。右ボディアッパーを2発打ち込んだグリーンは、首相撲からヒザをボディに入れて離れる。

ジョーデインも左ストレートからローを蹴ったが、すぐに右ジャブを打たれる。左フックを放ったグリーンは、ジョーデインの飛びヒザの着地にクリンチから一気にていうダウンを奪う。右のパンチを打ちつけたグリーンは、スクランブル後に距離を取り直して右フックを2発当て初回を取った。

2R、勢いの良い左ローを蹴ったジョーデインだが、左フックを打たれバランスを崩す。直後に左を当てたジョーデイン、グリーンがバランスを崩し尻もちをつく。すぐに立ち上がったグリーンは右フックを放ち、飛びヒザを見せる。右ジャブの差し合い、ジョーデインは勢いのある左ローを蹴るが、続く飛びヒザにフックを合わされる。右カウンターを当てたジョーデインに対し、グリーンは右ボディフックを連打する。ジョーデインも負けじとボディから顔面にパンチを入れる。右ジャブからワンツーをヒットさせたグリーンは右アッパー、続いて右フックを打ち込むも、最後のダブルレッグは不発に。ポイントはともかく、ジョーデインが盛り返したラウンドとなった。

最終回、ハグをして離れるとジョーデインが左ロー、グリーンがショートのボディ、顔面へのフックを連打する。左ローから右ジャブを当てるジョーデインに、グリーンが左フックを振るう。前に出るジョーデインが左ロー、右ジャブから左ボディを打ち込む。さらに左オーバーハンドを入れたジョーデインが右フック、前に出てくるところにグリーンがヒザをボディに突き刺す。

それでも前に出るジョーデイン、グリーンは左右に回って距離を取る。と、グリーンは左フックにダブルレッグを合わせてテイクダウンに成功する。スクランブルでバックに回ったグリーンは、正面を向きなおしボディロックテイクダウンへ。背中を預け立ち上がったジョーデインは、ここも正対したグリーンにボディロックテイクダウンを許してしまう。スタンドに戻り、飛びヒザの2連打など懸命にグリーンを追いかけたジョーデインだが、捉えることはできず判定負けを喫した。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie