この星の格闘技を追いかける

【ONE88】試合結果 今成&三浦が初回一本勝ち。アサラナリエフ、そのベールを脱ぐ衝撃のKO勝ち

ONE89【写真】今大会、最もインパクトを残したMMAファイターはアサラナリエフだった(C)ONE

22日(金・現地時間)、ONE88「Call to Greatness」がシンガポールのカランにあるシンガポール・インドアアリーナで開催された。

Imanari日本から出場した今成正和と三浦彩佳は、揃って初回一本勝ちを収めた。クォン・ウォンイルと対戦した今成は3度目の今成ロールでヒールの態勢に持ち込むと、一気にタップを奪う。十分に警戒されているなかで、しっかりと自分の戦いに持ち込んでの勝利だった。

Miura今回がONEデビューとなった三浦はタイトル挑戦経験のあるラウラ・バリンに対し、得意の投げから袈裟固めへ。

ここからスカーフホールドを極めて勝利した三浦は、感極まって涙を流した。

Arsalanaliev2試合組まれたライト級ワールドGP準決勝ではザイード・フセイン・アサラナリエフが、その存在感を明らかとした。

距離を取ることに優れたエブ・ティンを左フック一発で沈めたアサラナリエフはトーナメント大穴から裁定でも対抗馬に浮上する勝利となった。


ONE88「Call to Greatness」
<Super Seriesムエタイ世界女子アトム級王座決定戦/3分5R>
○スタンプ・フェアテックス(タイ)5R
判定
ジャネット・トッド(米国)
<ライト級(※77.1キロ)ワールドGP準々決勝/5分3R>
○アリエル・セクストン(コスタリカ)3R1分13秒
RNC
詳細はコチラ
×アミール・カーン(シンガポール)
<ライト級(※77.1キロ)ワールドGP準々決勝/5分3R>
○ザイード・フセイン・アサラナリエフ(トルコ)1R0分25秒
KO
詳細はコチラ
×エブ・ティン(ニュージーランド)
<キック・ライト級/3分3R>
○ニキー・ホルツケン(オランダ)3R
判定
×ムスタファ・ハイダ(イタリア)
<56.9キロ契約/5分3R>
○デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク(タイ)2R2分38秒
KO
詳細はコチラ
×ジェレミー・ミアド(フィリピン)
<キック・フライ級/3分3R>
○ペッダム・ペッティンディー・アカデミー(タイ)2R0分35秒
KO
×工藤政英(日本)
<キック・バンタム級/3分3R>
○ジャン・チャンロン(中国)3R
判定
×コン・サンボ(カンボジア)
<キック・ライト級/3分3R>
○レヒアン・エルソル(オランダ)2R1分03秒
KO
×アンソニー・ンジョグアニ(ナイジェリア)
<女子ストロー級(※56・7キロ)/5分3R>
○三浦彩佳(日本)1R1分13秒
スカーフホールド
詳細はコチラ
×ラウラ・バリン(アルゼンチン)
<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
○今成正和(日本)1R0分53秒
ヒールフック
詳細はコチラ
×クォン・ウォンイル(韓国)
<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
○ルーディ・アグスティアン(インドネシア)1R3分14秒
RNC
×コン・シチャン(カンボジア)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie