この星の格闘技を追いかける

【UFN143】ジェフ・ニールが左からの攻撃で、諦めないモハメッドを振り切る判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ジェフ・ニール(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ベラル・モハメッド(米国)

サウスポーのニールが右ジャブを伸ばす。構えを変えるモハメッドとの距離を詰めるニールがワンツーを振るっていく。モハメッドは右ローを2発、ニールの左ミドルからクリンチへ。ニールは離れてからも鋭い左ミドルを蹴り、左ストレートを当てる。モハメッドはダブルレッグからドライブ、離れようとしたニールに後方からパンチを入れる。距離を取ったニールは左ヒザをボディに突き刺し、プレッシャーを強めていく。

モハメッドは間合いを外すも、ワンツーに左を合わされる。シングルレッグを切ったニールが、モハメッドも飛びヒザの着地に組んでケージに押し込んだ直後に初回が終わった。

2R、右ハイをブロックされた状態でケージに追い込まれたモハメッドは、前に出たところで左を被弾しパンチをまとめられる。さらに右フックを当てたニールは左ストレートを2発ヒットさせるが、ダブルレッグからシングルでテイクダウンを奪われる。すぐに立ち上がったニールは高いガードと頭を振るボクシングでパンチはほとんど被弾していない。

モハメッドも左ボディに対し、ニールはすぐに左ストレートを返す。モハメッドはボディに攻撃の的を絞ったように前蹴り、左ボディフックを打ち込む。これが効いたかニールは一旦間合いを外し、顔面にパンチを受けるようになる。それでもダブルレッグはしっかりと切ったニールが右アッパーから左ストレート、モハメッドは右ミドルを入れたが、直後の右エルボーに左フックを合わされる。直後にラッシュをかけたニールが、この回も取ったか。

最終回、ダブルの左ストレートを決めたニールに対し、モハメッドはジャブから右を振るいダブルレッグへ。ニールはしっかりと切り、すかさず左を当てる。左ボディフックを決めたモハメッドだが、テイクダウンを切られた直後に右、続いて左を打ち抜かれダウン。ニールは足を捌いてパンチを入れ、立ち上がり際に左エルボーを打ちつける。必死の形相で前に出るモハメッドは左ハイをブロックし、右オーバーハンドを狙う。ニールはここで左ハイでダウンを奪う。パウンドからスタンドに戻ったニールを追いかけてパンチを振るうモハメッドは顔面を真っ赤に染めて前に出る。自らの飛びヒザでバランスを崩すなど疲弊しているモハメッドは、最後まで勝負を諦めなかったがタイムアップとなり0-3の判定で敗れた。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie