この星の格闘技を追いかける

【Shooto/180325】川名雄生、序盤こそテホのロングリーチに苦しむも終わってみれば完勝

<ライト級/5分3R>
川名雄生(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ジン・テホ(韓国)

186センチのテホに対し、川名は左フックから飛び込んでいく。川名が左ミドルを蹴ると、テホはすぐに右ストレートを返して左ミドルを蹴る。前蹴りのフェイントから右を伸ばすテホ。川名がダブルレッグで組み付いてテイクダウンを狙うが、テホもケージに背中を預けて倒れない。ブレイク後、プレッシャーをかけて左フックから飛び込む川名が再びダブルレッグへ。テホに尻餅をつかせると、テホの足を畳んでケージに頭を押し付けるようにしてトップポジションをキープする。

2R、テホはジャブと左ミドルで距離を取り、打ち下ろすような右ストレートを放つ。川名も右ストレートから飛び込んでダブルレッグに入り、テホに尻餅をつかせる。川名はテホの右足を両足でフックし、自分の右手で左手・左足もコントロールして完全にテホの背中をマットにつける。ハーフガードで上になった川名は細かくパンチとヒジを落とし、2Rを終える。

3R、川名が左フックから右ストレートを当てて前進。ダブルレッグでテイクダウンし、ここはすぐにテホを寝かせることに成功する。一度はテホにポジションを返されてダブルレッグで押し込まれた川名だが、タックルを切って四つ組みに持ち込むと、テホの足を払ってテイクダウンする。

そのまま川名はパンチを落とし、背中を見せるテホにリアネイキッドチョークを狙う。序盤こそテホのロングリーチにやりにくさのあった川名だが、終わってみればスタンド・グラウンド共に攻め続けて判定勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie