この星の格闘技を追いかける

【UFC220】圧掛け続けたヴィランテ、思わぬスプリットにも内容はバホーゾに完勝

<ライトヘビー級/5分3R>
ジャン・ヴィランテ(米国)
Def.2-1:30-27.30-27.28-29
フランシマール・バホーゾ(ブラジル)

左ボディストレートを伸ばすヴィランテ、続いて右フックを当てる。バホーゾのローに右を合わせたヴィランテが右オーバーハンド気味のパンチを振るう。バホーゾは左ボディストレートも距離を詰められ右を被弾する。ケージを背負うバホーゾが、明らかに削られている。スピニングバックフィストにもローを蹴られるバホーゾが回る展開が続く。

ヴィランテは右フックから、左を入れローを蹴り合うと右を当てる。バホーゾも右を返したが、初回はヴィランテが圧倒した。

2R、右ローから左を連続で打ち込んだヴィランテが、右フックをヒットさせる。バホーゾもガードが下がるヴィランテにフックを放っていく挽回には至らない。ヴィランテのローが急所に当たったとしてブレイクが入り、再開直後に重い右ローをヴィランテが蹴っていく。ヴィランテのリズムで打撃戦が進み、バホーゾが左ミドルを放つ。ジャブから右フックを当てるヴィランテは、バホーゾのスイッチにも動じない。気が付けばケージを背負うバホーゾは流れをかえることができず、最終回を迎えることとなった。

ボディから右フックで圧力を掛けるヴィランテに対し、バホーゾが左ミドルを蹴り込む。ヴィランテは右ストレートから返しの左フックを打ち込むと、バホーゾの動きが一瞬止まる。ラッシュをかけることなく、ペースを維持するヴィランテは無理をせず大振りの左フックを警戒しつつ試合を進め、ミッションコンプリート。

まさかのスプリット判定も、判定勝ちにヴィランテは笑顔を浮かべた。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie