この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS08】アントリンがケニーからスプリット判定勝ち、この裁定にダナ・ホワイトは……

<フライ級/5分3R>
アダム・アントリン(米国)
Def.2-1:29-28.209-28.28-29
ケイシー・ケニー(米国)

3人目の同シリーズ2度目の出場となったケニーに、アントリンが左ローを入れる。ケニーは左ミドルから左ハイへ。さらに左ストレートを伸ばす。右ミドルに続き、首相撲&ヒザ蹴りを繰り出すケニーが、アントリンのローに左を合わせて行く。蹴りが伸びるケニーが、左右のロー&ミドルでアントリンの前進を止めて、自らは踏み込んでアッパーをヒットさせる。前に出ると、左フックを被弾し、ヒザ蹴りからパンチを纏められるなどアントリンは劣勢が続く。

左フック、左ミドルと鋭さが増すケニーの左ローで、アントリンがバランスを崩す。アントリンの右フックにワンツーを入れるケニー、左ローから右ミドルを繰り出す。蹴りにニータップのような形で押し込んだアントリンが、ケニーに尻餅をつかせる。すぐに起き上がったケニーは左ロー、右ミドルを当て強さを見せつけた。

2R、アントリンが左ロー、左ストレートをヒットさせる。ケニーは左ローを放ち、アントリンが右ストレートを打ち込む。アントリンの攻撃が当たるようになったラウンド序盤、右ミドルをキャッチしたケニーが首相撲へ。すぐに離れたアントリンだが、左ローでまたも姿勢を乱す。左アッパーを当てたケニーが、左ストレート、左ローと攻め込む。アントリンは左ハイを顔面に受け、首相撲からヒザ蹴りの餌食に。

ケニーは間合い取ってロー、そして右ストレートを打ち込む。首相撲を逃れたアントリンに左ストレートを打ち込んだケニー。ローで体が一回転したアントリンは、左ミドルを蹴られても前に出て行く。右ボディフック、左ストレートを打ち込んだケニーは、テイクダウン狙いは未遂に終わる。直後にワンツーをアントリンが入れると、ケニーが打撃戦を嫌がったクリンチを初めて見せる。アントリンは離れて右を当て、シングルレッグからバックへ。即ケニーが胸を合わせたところで2Rが終了。アントリンが粘り、3Rの行方はまだ分からない。

最終回、アントリンが左ロー、そして右ミドル、ケニーは腰高になっている。ローに左を合わせたアントリンが、右ストレートを当てる。明らかに勢いが落ちたケニーは、ローを蹴って距離を取り直す。それでも右から左フックを打ったケニーだったが、アントリンがロー、サイドキックを繰り出す。空振りが増えたケニーの蹴り足をキャッチしたアントリンだが、テイクダウンには至らない。

アントリンが左を当て、ケニーのダブルレッグを切る。残り1分でテイクダウンに出たアントリン、これを切ったケニーが左ミドルを見せる。アントリンはワンツーで応え、ダブルレッグもケニーがダースチョークでからロールへ。ここでタイムアウトとなり、ケニーはケージに駆け上り、UFC契約をアピールした。

フィニッシュを目指すために序盤に攻めて、後半疲れるという同シリーズで見られることも多い展開から、最後にフィニッシュへの意識を見せたケニーだったが、何とスプリットで敗れるという予想外の裁定結果に。これを耳にしたダナ・ホワイトも非常に渋い顔を見せ思わず立ち上がってケージサイドに歩を進めていた。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie