この星の格闘技を追いかける

【UFN34】速さで上回ったホロウェイ、最後はボディで沈める

<フェザー級/5分3R>
マックス・ホロウェイ(米国)
Def.2R2分27秒 by TKO
ウィル・チョープ(米国)

タイ在住の米国人ファイター、PXCでタクミを破りUFC入りを決めたチョープ。ハワイのグレイシー・テクニック所属のホロウェイにいきなり右アッパーを打ち込む。右ハイから前に出て左ジャブをダブルで見せたチョープが、右ローを蹴り込む。左フックを返したホロウェイ、試合がやや落ち着くとチョープが首相撲の態勢に。自ら組みを解いたチョープが踏み込んで右アッパーを繰り出す。首相撲から離れ際にヒザを見せたチョープ。打点が高い。

残り半分、チョープの左ミドル、ホロウェイが右クロスを狙う。接近戦で首相撲を見せたホロウェイだが、基本は距離を取りながらのファイトとなる。左から右を打ち込んだホロウェイが、勢いに乗って連打を打ち込む。振りが大きなチョープは組んでホロウェイをケージに押し込むも逆にヒザを受ける。ハンドスピードに勝るホロウェイが、左から右を打ち込みヒザを蹴り込むと、チョープの体が折れ曲がる。終盤、パンチをまとめたホロウェイが初回を取った。

2Rも開始直後に左右のフックからヒザでチョープを追い込んだホロウェイが、ケージ際でスピニングバックキックをボディに打ち込む。さらにパンチで追い込んだホロウェイに対し、チョープが組んでケージに押し込んでいく。距離を取ったホロウェイが、再びフックの連打からボディを打ち込むとチョープがしゃがみこむようにダウンし、レフェリーが試合を止めた。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie