この星の格闘技を追いかける

【UFN57】3Rに猛攻を見せたナヴァエスがスプリット判定でバーネットを下す

<ミドル級/5分3R>
ロジャー・ナヴァエス(米国)
Def.3-0:29-28,28-29,29-28
ルーク・バーネット(英国)

サウスポーのナヴァエスが左ミドル、バーネットは左フックを合わせる。ナヴァエスが左ストレートで飛び込んだところに、バーネットが右のヒザ蹴りを狙うが、これがローブローとなってしまう。再開後、右を蹴って、パンチにフェイントを入れながら前に出るバーネット。ナヴァエスも右フックから飛び込んで左ストレートにつなげる。

変わらず右ストレートと右ミドルで前に出るバーネットだがビッグヒットはない。ナヴァエスも左ストレートを狙うが当たらない。終盤、両者の右フックが交錯。ナヴァエスが組みつき、バーネットが投げからがぶってコントロールしようとしたが、ナヴァエスはすぐに立ち上がった。

2R、ナヴァエスが左ミドルを蹴ると、バーネットも右ミドルを蹴り返す。動きの少ない展開に場内からはブーイングが起こり、ナヴァエスがシングルレッグからテイクダウンを狙うがバーネットは倒れない。

逆にバーネットはワンツーと右フック、ナヴァエスもジャブ、ワンツーで前に出るが当たらない。ミドルの蹴り合いではコンタクトのある両者だが、それ以外ではお互いの攻撃が空を切る場面が目立つ。終盤、バーネットが右アッパーをヒットさせたものの、ラウンド終了時には再びブーイングが起きた。

3R、左ストレートで前に出ていくナヴァエス。左ハイキックでバーネットの動きを止めると右フックでダウンを奪い、インサイドガードからパンチとヒジを落とす。距離を取って右のパウンドで飛び込むナヴァエスは、そのままバーネットのバックに回り込んでRNCへ。

バーネットは必死にナヴァエスの手首を持ってディフェンスし、身体を回転させてガードポジションに戻る。ナヴァエスはパンチを落としながらパスガードを狙う。残り20秒過ぎ、後転するように立ち上がったバーネットが右ハイキックを蹴り、試合終了。判定は3Rを明確に自分のラウンドにしたナヴァエスが2‐1で勝利した。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie