この星の格闘技を追いかける

【BFC61】珍事件の決着戦、サントス×プリンドル

2012.03.16

Santos vs PrindleベラトールFCシーズン6第2週=「Bellator61」が、ルイジアナ州ボージャーシティのホースシュー・リバードームで16日(金・現地時間)に開催される。当大会のメインイベントは、BFC史上初、決勝戦がノーコンテストとなったシーズン5ヘビー級トーナメント決勝、チアゴ・サントス×エリック・プリンドル戦の再戦が行われる。

【写真】圧倒的に優勢でありながら、不可解な急所蹴りでトーナメント優勝を逃したチアゴ・サントス、再戦での優勢は動かしがたい(C)BFC

大好評だったシーズン5にあって、唯一といっていいほど低調だったヘビー級トーナメント。ファイナルまでもが、チアゴ・サントスの急所蹴りでNCという締まらない結果に終わってしまった。この急所蹴りが全く不可解で、序盤からテイクダウンを2度目に渡って決めパウンドを落としていたサントスが、自ら立ち上がり躊躇なく股間をつま先で蹴りつけた。

思いもしない攻撃に悶絶したプリンドル、あの一発で反則勝ちを拾ってもおかしくない試合だったが、再戦では得意の打撃を早めに効かせないと勝利は遠い。

また同大会では、シーズン6ミドル級トーナメントの戦いの幕が上がる。参加8人選手中、米国人ファイターは僅か2人、ブラジル人4名とフランス人&ロシア人ファイターが1名ずつ参加するという国際色豊かなトーナメント。


現在、BFC世界ミドル級王者ヘクター・ロンバードの契約が切れている状態で、まだ契約更新の情報が入ってこないばかりか、UFCが彼の獲得を狙っているという報も伝わってくる。そのロンバードに挑戦権を持つアレキサンダー・シュレメンコも、次戦はインドのSFLとトップ2不在のなかで争われる同トーナメント。

アーム・コレクター=ジヴァ・サンタナや過去の刑事事件によりUFCをリリースされたマイケル・ファルカォン、ジーズン5準優勝でヴァンダレイ・シウバの柔術コーチ=ヴィトー・ヴィアナらブラジル勢や、コンバットサンボを制し、M-1世界ライトヘビー級王者となり、ロシアンMMAエリートコースを歩んだヴェチェスラフ・フェシレフスキーなどに注目が集まる。

■BFC61主な対戦カード

<シーズン5ヘビー級トーナメント決勝戦/5分3R>
エリック・プリンドル(米国)
チアゴ・サントス(ブラジル)

<ミドル級トーナメント準々決勝/5分3R>
マイケル・ファルカォン(ブラジル)
ノーマン・パライシー(フランス)

<ミドル級トーナメント準々決勝/5分3R>
ヴィトー・ヴィアナ(ブラジル)
ブライアン・ロジャース(米国)

<ミドル級トーナメント準々決勝/5分3R>
ヴェチェスラフ・フェシレフスキー(ロシア)
ビクトー・オドネル(米国)

<ミドル級トーナメント準々決勝/5分3R>
ジヴァ・サンタナ(ブラジル)
ブルーノ・サントス(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Movie