この星の格闘技を追いかける

【ROAD FC61】日本来るんと違うんか~い──イ・ジュンヒョンの次戦はRoadで秋葉太樹戦に!!

【写真】打撃の良さは分かった。では、組み技の能力は?(C)ROAD FC &MMAPLANET

30日(月・現地時間)、ROAD FCが7月23日(土・同)に韓国ウォンジュのウォンジュ体育館で開催するRoad FC61でイ・ジュンヒョンが秋葉太樹と対戦することを発表している。

今月14日のRoad FC60で山本聖悟を初回でKOし、MMAPLANETのインタビューで日本襲来を宣言していたイ・ジュンヒョンの次戦が早くも決まった。


このタイミングで那須川天心との対戦をアピールするなど天真爛漫さを爆裂させていたイ・ジュンヒョンの次の相手は、4月のパンクラスで鶴屋怜の右腕を十字で伸ばしたもののRNCで一本負けを喫した秋葉に。

KOパンチを持ち、敗れてなお鶴屋戦で組み技の成長を見せつけた秋葉とはいえ、現状は2連敗中でパンクラス・フライ級王座を狙うには、もう一巡戦う必要がある。そんななか、Road FCからのオファーは新たなモチベーションになるに違いない。

日本の19歳に続き、韓国の19歳との戦うことになった秋葉、絶対に遅れをとることはできない──不退転の決意で対馬海峡を越える。一方、ここまでキャリア7連勝中のイ・ジュンヒョンは山本戦に限らず、打撃の印象が強いが本人は中学1年の時からMMAを続けており、レスリングもグラップリングも得意にしていると豪語する。

とはいえ秋葉の強味は、打撃に臆することなく強度が増した組み技に持ち込めること。イ・ジュンヒョン側から見ると、攻めではなく組み技での防御能力がどこまであるのかは、まさに未知数だ。

日本のフライ級に喧嘩を打った──自らは天才と呼ばれていると断言する一方で、도라에몽=ドラえもんという愛称を持つイ・ジュンヒョンが、秋葉を相手にどのような引き出しの多さを見せる……四次元ポケットから秘密兵器を取り出すことができるのか。

まだ──お手並み拝見という見方をしてみたいモノだ。また同大会ではパク・シウォン×パク・ソクモの間でRoad FCライト級王座決定戦、ちびウルフことパク・ジョンウンがホン・ユンハと対戦する女子アトム級マッチも組まれている。

PR
PR

関連記事

Movie