この星の格闘技を追いかける

【Bu et Sports de combat】武術で勝つ。型の分解、サンチン編─14─虎口、分解組手で知る極め

【写真】サンチンにはここまで触れてこなかったが、極めが含まれている──が、MMAでこの動きをするということではない(C)MMAPLANET

武術でMMAを勝つ。空手でMMAに勝利する──型を重視する剛毅會の武術空手だが、岩﨑達也宗師は「型を使って戦うということではない」と断言する。型稽古とは自身の状態を知り、相手との関係を知るために欠かせないモノであって、その形で戦うことではない。

サンチン、ナイファンチ、セイサン、パッサイ、クーサンクーの型稽古を行う剛毅會では、まずサンチンから指導する。5種類の型稽古にあって、唯一サンチンのみが意味を吸いて吐くという意味での呼吸を学ぶことができる。

全ての根幹となる武術の呼吸を学ぶことができる──サンチンの解析、第14回は虎口の理解を深めるために、その分解空手を説明していきたい。今回は型の動きに含まれている極めという要素を紹介したい。

<サンチン解析第13回はコチラから>


相手が


右上段突きを打ってきたときに


左腕で、掛けて


突いてきた腕を極めつつ


右手で突くことができる。掛けて突くと同様に極めて突く動作となる。この場合も極めと突きを分断して『極めて・突く』とせず、『極めて突く』ようにする。極めて・突こうとすると、相手は動くことができる


反対向きから見ると、極められたことで松嶋は姿勢を乱し、顔面もがら空きになり入られていることが分かる


この時に腕を締めたり、掴んで極めようとすると


入ることができておらず、相手が腕を抜くことができる


反対側から見ると、両者の距離感、松嶋の姿勢から入られておらず、極められていないことが容易に理解できるはず。これだと松嶋は左の突きを出す状態になっている

つまり掴む行為が支点を作ることになり相手が動くことができるようになる。掴む、組むという行為は攻防が生まれ、武術ではなく格闘技、格闘競技となる

掴まず掛けて極める場合も、力を入れて締めると相手は腕を抜くことができるため、締めずに


相手が動いた時にまた極める

※今回は相手の内側(中)に入ったが、次回は外側に入る虎口の分解組手を紹介したい

PR
PR

関連記事

Movie