この星の格闘技を追いかける

【BRAVE CF50】ダウンを喫したライト級王者アユブだが、5回戦準備の強味を見せルジボエフから判定勝ち

<74キロ契約/5分5R>
アミン・アユブ(フランス)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
マショラブジョン・ルジボエフ(ウズベキスタン)

鋭い左インサイドローを蹴ったルジボエフ。アユブも左ローを返す。ルジボエフは前に出てテイクダウンを狙いつつ、右を振るう。これを受けたアユブが引き込むように下に。パウンドを落とすルジボエフに対し、アユブはクローズドガードで耐え腕十字へ。ルジボエフは立ち上がってスラム、腕を抜いてそのままパスを決め、サイドで抑える。アユブは足を戻し、ローを蹴られながら立ち上がる。

ルジボエフは即シングルレッグへ。ギロチンで耐えたアユブは、首相撲に移行してヒザをボディに入れて離れる。スイッチして戦うルジボエフだが、既に肩で息をしているか。アユブの左にテイクダウンを合わせドライブするルジボエフ。アユブはその勢いを利して巴投げのように後方に一回転してトップを取る。

アユブはサイドからヒザをボディに入れる。スクランブルから立ち上がったルジボエフに、ヒザ、ヒジを入れたアユブは右腕を差しあげてテイクダウンを奪うと、ハーフで鋭いパンチを落としてラウンド終了を迎えた。

2R、ルジボエフの左ミドルを足でカットしたアユブは、オーバーハンドで前へ。ルジボエフは左の蹴りを返しオーソに戻すも、アユブがボディにストレート、右ハイからパンチを纏めて組みつくと即テイクダウンに成功する。アユブは左のパウンドを入れ、立ち上がって左右のローを蹴る。レフェリーがルジボエフを立たせると、アユブの左ボディに右オーバーハンドを合わせてダウンを奪う。

鉄槌を落とすルジボエフ、アユブはクローズドガードを取るが今回はダメージを受けてのダウンだ。上体を起こしたアユブがギロチンをセットし、スイープを狙う。組み直して絞めあげるも、ルジボエフは頭を抜き腕十字を防いで左のパンチを打っていく。さらに力強い右のパンチを入れるルジボエフに対し、アユブはキムラを狙うも防がれた。

初回は微差でアユブ、2Rはルジボエフという見方も成り立つなかジャッジによっては判断は分かれることが予想される接戦。いずれにせよ、両者揃って最終回は落とせない。ルジボエフがサウスポーに構え、アユブが右ミドルを蹴る。ルジボエフはオーソに戻し左ロー、そして右オーバーハンドを狙う。

これを見たアユブは右を当て、左ローにワンツーを入れる。さらに左ボディ&右、テイクダウン狙いにヒザを入れたアユブは、倒されながらギロチンへ。アームインからスイープ狙いがすっぽ抜けるも、アユブは腕十字→フラワースイープに移行してトップを奪う。ルジボエフは動きが完全に止まり、エルボーを落とされパウンドを取られる。

アユブはエルボーを入れるが、ブリッジで簡単に下にされてしまう。残り2分、シザースイープを決めて上になったアユブは、クルスフィックスに捕え連打を打ち込む。ケージキックで逃れたルジボエフだが、亀になりパンチを連打される。ワキの下から思い切りパンチを痛打されたルジボエフが、立ち上がったアユブの飛び込みながらの右を痛打される。

背中を見せたルジボエフにパンチを打ちつけながら、タイムアップを迎えたライト級王者アユブ。タイトル戦=5回戦の準備をしていたアドバンテージを見せ、最終回を取り切り3-0で判定勝ちを決めた。


PR
PR

関連記事

Movie