この星の格闘技を追いかける

【Shooto2020#03】世羅とドロー、岩本健汰「日本人相手でグラップリングを体現するには……」

【写真】試合後、青木の名前を出した時以外に岩本は笑顔を浮かべることはなかった (C) MMAPLANET

5月 31日(日)に会場非公開のABEMAテレビマッチとして開催されたプロ修斗公式戦内で、岩本健汰が世羅智茂とグラップリングマッチを戦い時間切れドローという結果に終わった。

4月17日のRoad to ONE02では宮田和幸✖田中路教、青木真也✖世羅というグラップリングマッチが組まれ、今回は修斗のなかで岩本は世羅と戦う機会を得た。

MMAファイターが打撃なしに挑む、柔術家が道着を脱いで戦うということではなく、ノーギのグラップリングの確立を目標とする岩本にとって、この日の試合で一本を取ることはデフォルトだった。

が、そこは世羅も試合巧者だ。ポイントがないルールの解き方は幾通りもある。その結果、グラップリング確立のために負けられない人間が戦うグラップリングが、あの10分間で見られた。落胆といっても過言でない試合後の岩本に話を訊いた。


──世羅戦、ドローに終わりました。今の気持ちを教えてください。

「率直に言うと……悔しいですね。それが最初にあります。やっぱり極め切りたかったので」

──序盤が立ちレスになり、寝技まで時間が掛かったのは誤算でしたか。

「ちょっと意外でしたね。ガードを取ってきたら、ああいうパスへの流れは早い段階で仕掛けることができたと思います。世羅さんが僕のテイクダウンにギロチンを合わせようとしているのは分かりました。倒されない、上を取ることを目的としたスタンドではなくて、ギロチンを一発合わせるためのスタンドで。だから首だけは気を付けて組んでいました」

──最初のギロチンのタイトさは?

「大丈夫でした。でも、警戒が必要になりました。結果、寝技にいくまでの時間が掛かってしまいましたね」

──パス、マウントというポジション奪取からの極め狙いは、ホジャー・グレイシーのような柔術として正攻法でした。

「逆に最後らへんの足関節への仕掛けは、一本を取らないといけないという焦りの表れでした。プレッシャーを掛けて相手を疲れさせて極めるのが狙いだったのに、ああいう風に一発狙いになるともうダメですね。あれはしっかりと技術を持っている人には掛からないです」

──中盤のパスはともかく、そこからポジションに関しては世羅選手も極めさえ防げば良いというノーポイント&サブオンリー・グラップリングのマインドが働いていたかと思います。

「途中からそうなったと思います。世羅さんがそうなったことで、僕は『取らないといけない』っていう思考になってしまって。せっかくのチャンスだから、取らないといけない義務という感じでしたね」

──世羅選手は一発狙いのファイトで、巧妙に戦っていました。

「特に危ない場面はなかったのですが……そうですよね。トーホールドとかも全然極まっていなかったのですが、世羅さんが攻めている印象を残せますしね。

ただしケージで戦ったのは初めてだったし、本当に貴重な経験をさせてもらえました。ケージを使ってしっかりと立ちの攻防ができるというのもなかったことです」

──記者席回りでは、やはりMMA関係者から『組み技はしんどい』という声が出ていました。対世間で考えると、そういう内容だったのかもしれないです。

「……。動いていないと思われるかもしれないですけど、一本を取ることを考えると、もっと時間を掛けるべきでした。あそこで止めておくべきだったと思っています。止めて機会を創るべきだったのに、一本を取らないといけないという気持ちが先走り、先に、先にという試合をしてしまいました」

──サブオンリーでも一本を取るというプロセスは、幾重もあるということですね。

「そこも凄く良い経験になりました。サブオンリーでドロー有りの試合をやったことがなくて、いつも極めは意識していたのですが、いざとなるとコレが現実ですね。

ホント青木さんもそうですけど、グラップリングという競技を確立するということで試合を組んでもらえて……ちょっと孤独な戦いをしていましたが、修斗とABEMAに力を貸してもらえて……、支えてもらえて有難かったです」

──この機会を得たことで、次につなげるためには誰か戦いたい相手はいますか。

「次ですか……グラップリングの可能性を見せるには、山田崇太郎さんとかですかね」

──かなり体重が違いますね。

「1度、全日本ノーギで戦ったことがあって、崇太郎さんが足関節の反則があって僕が勝ったんです。IBJJFルールだったので……でも体格差があり過ぎるかなぁ(苦笑)。日本人相手でグラップリングを体現するには……崇太郎さんは体重が全然違うし、岩崎(正寛)とやるともっと固まって……今日よりひどい試合になると思いますし……。

今、強いのは……青木さん。青木さんとやったら面白いですけどね(笑)」

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie