この星の格闘技を追いかける

【UFC249】舌戦前のヘンリー・セフード「ピョートル・ヤンはちゃんと英語を話せるようにならないとな」

Henry Cejudo【写真】今は二冠のトリプルC、なぜあんなに興奮してしまったのか。盛り上げようとしたんだろうなぁ……と(C)Zuffa/UFC

5日(火・現地時間)、9日(土・現地時間)にフロリダ州ジャクソンビルのヴィスター・ベテランズ・メモリアル・アリーナで開催されるUFC249のメディア・カンファレンスコールが行われ、トニー・ファーガソン、ジャスティン・ゲイジー、ヘンリー・セフード、ドミニク・クルーズの4名が出席した。

ここではUFC世界バンタム級王者ヘンリー・セフードのカンファレンス・コールでの発言を取り上げたい。会見開始直後はごくごく普通に話していた世界王者が、ドミニク・クルーズに絡みだすまでに何を語っていたのか。(※要約)


「ドミニク・クルーズがファーストチョイスだったんだ。彼は僕と同じアリゾナ出身で、偉大な世界王者だった。ナンバーワン・コンテンダーのマルロン・モラエスに勝ってから、相手がいなかったし、ドミニクだと良いストーリーラインになると思っていた。ジョゼ・アルドがマルロン・モラエスと良い試合をしたので彼と戦うことになったけど、何が起こるか分からないし、ドミニクのことは意識していた。

そのアルドはビザを取得できず、消えた。そしてドミニクが再浮上したんだ。彼と戦うことはいつも僕の頭のなかにはあったし、これで僕らは戦うことができる。ドミニク・クルーズは凶暴なレガシーだ。軽量級で最も名前を残している。だから戦いたかったんだ。新型コロナウィルスが感染拡大していていも、しっかりと準備できている。できることは全てやってきた」

「これからのプラン? それを決めるのは僕じゃない。僕はタイトル防衛するだけだし、今はドミニク・クルーズに集中している。フライ級はUFCのなかでももっともスピードのあるP4Pのクラスで、誰もがテクニカルで強い。でも、今は5月9日に集中しているよ」

「どの試合も大切だ。ドミニクのスキルは尊重しているけど、今の彼がどの位置にランクされるべきかは分からない。トリッキーなファイターであることは間違いない。でも、対戦相手が同じような動きをすると思って戦ったことは一度もない。どの試合だって僕にとっては、一番大切な試合だし、そういう試合でフィニッシュしてきた。

ドミニクはこれまでも長い休養から戻ってきては、しっかりと勝利してきた。だからベストの彼と戦いたいと思っている。なぜドミニクが成功を収めてきたのか、意思が強いからだ。気持ちがあるからだよ。タフなチャレンジャーだって分かっている。ずっとこのスポーツを戦ってきたし、MMA IQが高いのは確かだ。でも僕はフィジカル的にもピークだし、僕の方が強い」

このようにごくごく普通に記者の質問に返答していたセフードだが、これだけバンタム級ファイターがいるなかで、なぜドミニク・クルーズなのか。他のコンテンダーのことをどう考えているという問いかけから、なぜか彼はエキサイトし始めた。

Piotr Yan「ヒザをついて、キングがチャンスを与えるのも待っていろ。ただアルジャメイン・ステーリングは俺がKOしたヤツにKOされている。

ピョートル・ヤンはちゃんと英語を話せるようにならないとな。41歳のやつ(※ユライア・フェイバー)を倒せず、タイトルに挑戦したいなんて最悪だ。なら、4年間戦ってこなかったヤツと戦った方が良いだろう」

そして、続くドミニクへの質問からセフードは記者の質問を遮って挑発するようになっていった──。

※ヘンリー・セフードとドミニク・クルーズの舌戦はコチラから

■UFC249対戦カード

<UFC暫定世界王座決定戦/5分5R>
トニー・ファーガソン(米国)
ジャスティン・ゲイジー(米国)

<UFC世界バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者]ヘンリー・セフード(米国)
[挑戦者]ドミニク・クルーズ(米国)

<ヘビー級/5分3R>
フランシス・ガヌー(カメルーン)
ジャイルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)

<フェザー級/5分3R>
ジェレミー・スティーブンス(米国)
カルヴィン・ケイター(米国)

<ヘビー級/5分3R>
グレッグ・ハーディー(米国)
ヨーガン・デ・カストロ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ドナルド・セラーニ(米国)
アンソニー・ペティス(米国)

<ヘビー級/5分3R>
アレクセイ・オレイニク(ロシア)
ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)

<ライトヘビー級/5分3R>
サム・アルヴィー(米国)
ライアン・スポーン(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
カーラ・エスパルザ(米国)
ミッシェレ・ウォーターソン(米国)

<ミドル級/5分3R>
ホナウド・ジャカレ(ブラジル)
ユライア・ホール(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ヴィセンチ・ルケ(ブラジル)
ニコ・プライス(米国)

<フェザー級/5分3R>
ブライス・ミッチェル(米国)
チャールズ・ロサ(米国)

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie