この星の格闘技を追いかける

【UFN167】ボディロック~バック~スラム~バックグラブ、無限ループで勝利のボーグが体重超過を詫びる

<128ポンド契約/5分3R>
レイ・ボーグ(米国)
Def.3-0:30-25.30-27.30-27
ホジェリオ・ボントリン(ブラジル)

体重オーバーのボーグに対し、ボントリンが左ジャブを伸ばす。左フックを振るい、右ローを蹴ったボントリン、ボーグは左右のフックから組んでいく。そのボーグをケージに押し込んだボントリンは払い腰を防ぎ、大内を狙う。ボーグはケージを背にして耐え、掌底を打つ。ボディロックからバックに回ったボントリン、ボーグはウィザー→胸を合わせシングルレッグへ。ボディロックに切り替えテイクダウンを決めたボーグが、ハーフで抑え左エルボーを打っていく、ボントリンはハイガードから仕掛けるもエルボーを被弾しスクランブルでバックを許す。ここからシングルにとりつつ、足をリリースして右フックを振るったボーグが、引き込むように背中をマットにつけたボントリンをコントロールし初回が終わった。

2R、右オーバーハンドを見せてシングルに出たボーグ。懸命に対処するボントリンをボディロックで捕えて前方にスラム。そのままバックに回り両足をフックしてRNCへ。アゴの上からの絞めを防ぎ、立ち上がったボントリンはネッククランク気味のフェイスロックを耐えるも後方からパンチを打たれる。スタンドでトライアングルフックを続け、パンチと絞めで攻めるボーグが、着地してボディロックテイクダウン。

ハーフのボントリンはキムラ狙いを察知され、エルボーを顔面に受ける。それでもハイガード、腰を切って仕掛けようとするが、ボーグはしっかりとしたポスチャーからエルボーを落とす。最終的には蹴り上げから立ち上がろうとしたボントリンの背中を制したボーグが、スタンドのバックグラブでラウンド終了を迎えた。

最終回、左ボディフックから組んだボントリンがケージにボーグを押し込む。潜り込み、かつ回ってシングルに出たボーグがテイクダウンを決める。ボディロックでバックに回り、ここもスラムから足のフックを狙う。すぐに立ち上がったボントリンだが、前方に崩されると、さらにボディロック&テイクダウン→スクランブルでバックを取られる。

スタンドの状態で両足をフックしたボーグは、着地して後方からパンチ。またもボディロックで持ち上げてバックに回る。バックコントロール&ボディロックの無限ループでテイクダウンを許したボントリンは、根負けしたか。残り1分、ハイガードを担がれてパンチを受け、結果バックを許す。後方からパンチを入れ、正面を向くとダブルレッグで上を取ったボーグがボントリンを圧倒、そのままタイムアップを迎えジャッジ1人が30-25をつけるスコアで判定勝ちを決めた。

体重を落とせなかったことを主催者、ボントリン陣営に詫びたボーグは「フィニッシュできなくて、申し訳ない」と話した。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie