この星の格闘技を追いかける

【UFC234】手数を精度につなげたヤングが、オーネットからフルマークの判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
シェーン・ヤング(ニュージーランド)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
オースチン・オーネット(米国)

ジャブを伸ばす両者。ヤングが右ストレート、右ローを放つ。オーネットは右ハイを見せ、ヤングが右フックを当てる。右ボディを入れたヤングの顔面をオーネットの右ストレートがヒット。さらにスイッチして左ストレートも打ち込む。左ジャブを被弾するヤングは、スイッチに混乱しているかパンチを受けるシーンが多くなる。前に出てもパンチを避けられ、逆にワンツーを被弾するヤングはさらに左ミドルを蹴られる。それでもオーソ同士になると左ジャブを当て、終盤には左右のフックを連続でオーネットの顔面に打ち込んだ。

2R、蹴り、ボディを織り交ぜ前に出るヤング。オーネットは左右に回り、構えを変えて左ストレートを打ち込む。ヤングが距離を詰め、オーネットが外す展開が続く。前に出るのはヤングだが、オーネットはカウンターでジャブを当ててペースを譲らない。

右ストレートを届かせ、距離を取るオーネットに対し、ヤングが踏み込んで右のショートを2発当てる。残り1分を切り、右を再び当てたヤングが左右のフックでラッシュを掛け、テイクダウンへ。これを切ったアーネットが右ストレート、左を当てるもヤングが打ち返し会場が沸いた。

最終回、前のラウンドの勢いを持続したいヤングに対し、オーネットがジャブをダブルで繰り出し、右ローに右ストレートを合わせる。ヤングはバランスを崩すが、前進を止めずボディからワンツー、そしてスリーフォーと打ち込む。右ミドルも当てたヤングが、左右のフックで前に出る。手数が減り、パンチを被弾する数が増えたオーネットは、左ジャブ以上が見られない。それでもオーネットが左フックを当てるが、ヤングは怯まず前に出て、右オーバーハンドをヒットさせる。

残り1分、アッパーを2つ入れたヤングが、前に出て左フックをヒットする。オーネットも左から右を返し、前に出て来たヤングに左フックを打ち込む。負けじとパンチを返すヤングは、終了直前にオーネットの左フックをかわしたヤングは、続く右フックには逆に右を当ててダウンを奪う。オーネットが立ち上がったところでタイムアップとなり、ヤングは初回も取りフルマークの判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday