この星の格闘技を追いかける

【Road FC51】これぞ女王の証、ハム・ソヒがパク・ジョンウンに完勝も不満を隠さず

<Road FC女子アトム級選手権試合/5分3R>
ハム・ソヒ(韓国)
Def.3-0
パク・ジョンウン(韓国)

サウスポーのハム・ソヒが、まず左ストレートを届かせる。もう一発左を当てたハム・ソヒに対し、パク・ジョンウンが左に回る。ハム・ソヒの右、パクの左が交錯するがハム・ソヒはそこに左をもう一発入れる。引き続き左を当てるハム・ソヒが、パク・ジョンウンのパンチをよく見て頭を縫ってパンチを繰り出す。対して、パク・ジョンウンは頭が動かずパンチを被弾する数が多い。右ハイを蹴ったパクは右を当てても、逆にワンツーを返される。

ハム・ソヒが組みつくと、パク・ジョンウンが逆にケージに押し込み両者が体を入れ替える場面が続き、最後はハム・ソヒがテイクダウンに成功する。パク・ジョンウンのディープハーフにも、パウンドを落としたハム・ソヒ。殴られながら立ち上がったパク・ジョンウンは、初回を落とした。

2R、ハム・ソヒの左の蹴りに右を合わせたパク・ジョンウン。ここから近距離の打ち合いになると、パク・ジョンウンが頭を動かすように修正できている。蹴りも交えて激しく打撃を交換させると、パク・ジョンウンが右をヒットさせる。ハム・ソヒは蹴りからワンツーを入れ、再び左ミドル。パク・ジョンウンは左を避けるが、そこからワンツーを当てられ首相撲からヒザを突き上げられる。離れ際にもパンチを当てた王者は、張り詰めた様子がない。

対して、パク・ジョンウンはいっぱいいっぱいの様子で打撃戦に応じ、ケージに詰まるとパンチを被弾してしまう。クリンチでヒザを出し合う両者、残り40秒でレフェリーがブレイクを命じる。左を避けるが、詰められてパンチを受けそうになるパク・ジョンウンは組まれて投げを打ったところを潰され、テイクダウンからマウントを取られる。頭を押さえてパウンドを落とすハム・ソヒ、2Rも貫禄の試合展開を見せた。

3R、パク・ジョンウンがシングルレッグでテイクダウへ。キムラクラッチで背中をつけないように対処し、体を捻って立ち上がったハム・ソヒだが、パクはボディロックでケージに押し込む。直後の強引な後方への反り投げを潰し、トップを取ったハム・ソヒは潜りを潰してがら空きの顔面にパンチを打ちつける。

潜れなくなったパク・ジョンウンに対し、ハム・ソヒはパンチを連打しニースライスでパスを狙う。足を戻したパク・ジョンウンは、前転からヒザ十字へ。右足が伸びそうになりながらパンチを落とし、足の締まりをルーズにさせたハム・ソヒがバックを取りパンチを打ち込む。パク・・ジョンウンがガードを取り直しても、ハム・ソヒにパンチは止まらない。それでも腕十字を狙うなど、一本で逆転に賭けるパク・・ジョンウンを殴るハム・ソヒ。残り1分で、なぜか動きがある状況ながらレフェリーがブレイクを命じた。

スタンドに戻ったパク・ジョンウンが右を当てたが、ハム・ソヒはショートの連打から組んでクリンチへ。そのままタイムアップを迎え勝利を確信したように笑顔を浮かべた。終わってみれば、パク・ジョンウンを健闘程度に封じ込んだハム・ソヒが、韓国ナンバーワン女子MMAファイターであることを証明する3-0の判定勝ちを手にした。

終わってみれば完勝劇もハム・ソヒは「良い気分ではありません。挑戦者に関しては、何も言いたくありません。両親、チームMADのヤン監督、練習仲間、サポートしてくれた皆さん、ファンの皆さんありがとうございました。今回の試合では、良い姿を見せられませんでしたが、次は良い姿を見せられるようにします」と納得のいかない表情で話した。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday