この星の格闘技を追いかける

【UFN142】右足の負傷が原因か・・・追い切れないハントをウィリスがアウトボクシングでかわして判定勝利

<ヘビー級/5分3R>
ジャスティン・ウィリス(米国)
Def.3-0 : 29-28,29-28,29-28
マーク・ハント(ニュージーランド)

地元ファンの大声援を受けるハント。サウスポーのウィリスの左ハイをブロックし、右ローを返す。ウィリスは左ストレートから右フック、これをダッキングでかわすハント。しかし距離を詰めるとウィリスのパンチをもらう。ウィリスの速い左ストレートを右フックをかわしたハントだったが、蹴りを放ったあとにウィリスのパンチを食らう。

ここでハントはウィリスに対してサークリング。ボディへのパンチとローをヒットさせる。ボディ、顔面へと右を伸ばすハント、ウィリスはやや手数が少なくなる。フェイントの掛け合いから、ハントが右ストレートを放つと、ウィリスが距離を取り始める。

2R、インターバル中に、右足からの出血が映し出されたハント。ウィリスは前に出てくるハントに、左のインローを当てる。ハントは距離を取るウィリスに右ボディストレート。出血している右足の痛みか、右ローは出ない。ウィリスの左ストレートを、ハントはヘッドスリップでかわす。対して自身の右ストレートも、相手に当てられず。

ウィリスは足の動きが少なくなったハントに対してアウトボクシングを貫く。ラウンド終了直前、ハントがマウスピースを吐き出したため、試合は中断。再開後もウィリスのアウトボクシングは変わらず、ハントはそのウィリスを追うことができない。

最終R、ウィリスは右ジャブ、左ストレートを軸にアウトボクシング。ハントの右はなかなか届かない。ウィリスの右ジャブと左前蹴りがヒット。ハントの手数も少なくなり、右ジャブを放って回るウィリスを追い切れず。ハントの右足からの出血がひどくなり、ウィリスの右ジャブもヒット率が高まる。

右フックを振っていくハントに対し、ウィリスはテンカオを当てる。終了1分前、距離を詰めるハントに観客は声援を送るが、展開は変わらず。ウィリスがアウトボクシングを貫き、試合終了のブザーを聞いた。

判定は、ジャッジ3者ともウィリスを支持。
会場からはブーイングが起こるが、そんなファンに対して、ウィリスは笑顔で試合後のインタビューをハントに譲り、ハントが地元ファンに挨拶してオクタゴンから降りた。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday