この星の格闘技を追いかける

【UFN141】朱里、接近戦の打ち合いで打ち勝てず。イェン・シャオナンに判定負けで、2連敗に

<女子ストロー級/5分3R>
イェン・シャオナン(中国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
近藤朱里(日本)

距離を詰めたイェンにショートのワンツーを放つ朱里。イェンは右ストレートを当てると、接近戦でパンチの交換に。イェンの右を被弾し、そのまま接近戦でパンチを受けながら打ち返す朱里がローを蹴る。イェンが優勢のパンチの交錯、朱里も右を返すが中国コールのなか、ワンツーを当てられ、右フックから左エルボーを続けてヒットされる。朱里はその後も打たれて打つという戦いを続けるが、劣勢は否めない。

イェンのパンチが軽いのであれば、朱里もこの戦法で勝機も見えてくるが、ポイント的には劣勢とならざるを得ない。その後もイェンは右ストレート、続いて左フックをヒットさせスピニングバックフィストへ。これは空振りとなるも、声を発しながらの攻撃で優勢を印象付ける。そのまま出方を伺う展開となり、初回はイェンが取った。

2R、サイドとローの中間のような蹴りを繰り出すイェンに対し、朱里は左ジャブから右を伸ばすが届かない。イェンはスピニングバックフィスト、前に出た朱里はローをチェックしジャブを伸ばすと、右オーバーハンドへ。対してイェンは、ワンツーを当て、右に回る。首相撲の朱里は自ら離し、回転バック拳をブロック。朱里もスピニングバックフィストを見せ、再び首相撲にとりヒザ蹴りへ。イェンは離れ際に右ストレートを当てる。

互いにパンチを打つ後の姿勢が流れるようになるなか、接近戦はイェンの勢いが強い。朱里も右を入れ、ミドルにジャブを合わせる。前に出る朱里は右の相打ちから、スピニングバックフィストと蹴りに距離を取ったところで2Rが終わった。

打ち負けている印象は拭えない朱里、逆転には組みも頭に入れた戦いが必要か。中国コールのなか始まった3R、朱里が右フックを振るって前に出る。ワンツーで待ち受け、スピニングバックフィストを届かせるイェン。両者揃って回転バック拳を繰り出し、直後にイェンはロー、左ハイを繰り出す。打撃で打ち勝てない朱里、リズムを変える攻撃が欲しい。

右フック、左アッパーを素早い回転で繰り出すイェンは、手数を緩めない。結果、相打ち上等、打たれて打つという距離のなかで戦うしかない朱里だが、イェンは足を止めることはなく、当たる距離から下がりつつサイドキックなどを織り交ぜる戦い方に。回転系のパンチを連続し、逃げ切りにかかったイェンを追い続けた朱里だが、試合はそのままタイムアップに。手数や精度以上に、勢いという部分で朱里を上回ったイェンが、フルマークで判定勝ち。朱里は連敗となった。

「2RKOを狙ったけど、できなかった。北京のファンのおかげでエネルギーを貰い、ずっと戦うことができた」と勝者は試合を振り返った。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday