この星の格闘技を追いかける

【Road FC50】試合結果 チェ・ムギョムが陥落。イ・ジョンヨンが新王者に。藤田和之はTKO勝ち

Road FC50【写真】戦い終わってノーザイド。明日への活力になるような藤田の勝利とマイクだった(C)ROAD FC

3日(土・現地時間)、韓国テジョンのチュンム体育館でRoad FC50が開催された。

Lee vs ChoiメインのRoad FCフェザー級選手権試合はチェ・ムギョムとの打撃戦を制したイ・ジョンヨンが判定勝ちで新チャンピオンに。距離のコントロール、足を止めての打ち合い、そして打撃戦のいなしという部分で王者を上回ったイが、22歳で韓国最高峰のベルトをその腰に巻くことになった。

チェはこの試合で現役を退き、最後の挨拶をファンにするやケージにキャリア7勝0敗のパク・ヘジンが登場し、元同門に挑戦を表明。時代の流れを感じさせる終幕となった。藤田和之は左フックでチェ・ムベからダウンを奪い、そのままパウンドの連打でTKO勝ち。「お前らも負けるなぁ」とファンを鼓舞した。

Ito中村晃司はホン・ヨンギのハイキックの前に、テイクダウンを奪って劣勢というわけでは決してなかったが、ロードFC裁定に則ったジャッジの裁定で3‐0の判定負けに。

Young Gunsに出場した伊藤裕樹は、フィニッシュこそ急所へのヒザ絡みで物言いがつくモノとなったが、そこまではローやパンチを的確にキム・テギュンに当てており、ロードFC初勝利を挙げた。


Road FC50
<Road FCフェザー級選手権試合/5分3R>
○イ・ジョンヨン(韓国)3R
判定
詳細はコチラ
×チェ・ムギョム(韓国)
<無差別級/5分3R>
○藤田和之(日本)1R1分55秒
TKO
詳細はコチラ
×チェ・ムベ(韓国)
<ライト級/5分3R>
○ホン・ヨンギ(韓国)3R
判定
詳細はコチラ
×中村晃司(日本)
<バンタム級/5分3R>
○ユ・ジェナム(韓国)2R4分51秒
ギロチンチョーク
×ハン・イムン(韓国)
<女子50キロ契約/5分2R>
○シム・ユリ(韓国)2R
判定
詳細はコチラ
×イム・ソヒ(韓国)
<無差別級/5分2R>
○シム・ゴンオ(韓国)1R0分23秒
TKO
詳細はコチラ
×ホ・ジェヒョク(韓国)
<ミドル級/5分2R>
○イム・ドンファン(韓国)1R2分48秒
ギロチンチョーク
×パク・ジョンギョ(韓国)
<59.3キロ契約/5分2R>
○伊藤裕樹(日本)1R4分58秒
TKO
詳細はコチラ
×キム・テギュン(韓国)
<フェザー級/5分2R>
○パク・チャンス(韓国)2R
判定
×キム・ヨングン(韓国)
<バンタム級/5分2R>
○キム・ソンジェ(韓国)1R2分41秒
TKO
×ファン・チャンファン(韓国)
<フライ級/5分2R>
○コ・ギウォン(韓国)2R0分22秒
KO
×キム・ヨンハン(韓国)
<フライ級/5分2R>
○キム・ウジェ(韓国)2R
判定
×ジョン・ウォンヒ(韓国)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY