この星の格闘技を追いかける

【UFC229】事実上のKO勝ちでOSPを下したレイエスが、キャリア10連勝を達成

<ライトヘビー級/5分3R>
ドミニク・レイエス(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
オヴァンス・サンプレー(ハイチ)

キャリア9勝無敗のレイエスが、OSPに挑む。サウスポーから左ローを走らせるレイエスが左ストレートを踏み込んで放っていく。遠い距離から左を当てることができるレイエスは左フックをヒットし、OSPのテイクダウン狙いを切る。逆にOSPをケージに押し込んだレイエスがヒザを打ち、小手投げ後のダブルレッグ狙いにエルボーを連打する。

OSPはボディロックを続け後方への投げから、スタンドに戻って組み続ける。レイエスは体を入れ替えて左エルボーに続き、左ストレートを当てる。動きが止まったOSPが背中を向けて右に走り、間合いを取ろうとすると左ハイで移動を許さない。さらにヒザ蹴り、ミドル、ストレートにローと左からの攻撃を続けたレイエスが初回を取った。

2R、左ローを軽快に入れたレイエス。ローを続け組み合いでもOSPをケージに押し込む。右を差してアウトサイドトリップでOSPの姿勢を崩すも、テイクダウンを奪ないと判断するとレイエスは離れて左ミドルを決める。さらにローから左ストレートを当てたレイエスは、OSPの左ハイにも動じることなく勢いのあるローを続ける。

OSPはシングルを切られ、その後のテイクダウン狙いもことごとくレイエスに切られる。レイエスは左ミドルを蹴り、ボディを打たれるとすぐに左ボディフックを打ち返す。気の強さを見せつつ、冷静に戦うレイエスがこの回も取ったか。

最終回、OSPの左ハイがレイエスの頭部をかすめる。レイエスは慌てず左ミドル、前蹴りを入れ、スライド移動をしながら左ストレートを届かせる。ローを続けるレイエスに対し、OSPはなかなか距離を詰めることができず、意を決して踏み込むと左アッパーが待ち受けている。

中盤、レイエスの左ミドルをキャッチして左を当てたOSP。一気呵成に攻めたいところだが、組んで攻勢を維持できない。レイエスはクリンチから離れロー、右ボディストレートを当て、左アッパーを打ち込む。前蹴りを突き刺したレイエスは、OSPの攻撃を回ってかわしつつローを続ける。終了間際に逆転を掛けて前に出ると、パンチをかわしたレイエスが左ストレート一閃。腰が崩れたOSPだが、KOでなくタイムアップに。

フルマークで元タイトルコンテンダーのOSPを倒したレイエスは、「これはKO勝ちだよ」と最後の一発を振り返った。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday