この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#8】計量終了 ヘビー級最軽量ニコルソン、対戦相手メイとの体重差は17キロ以上

4日(木・現地時間)、5日(金・同)にルイジアナ州ニューオリンズのアーネスト・N・モリアル・コンベンションセンターで開催されるPFL2018#08 Playoffsの計量が行われた。


ヘビー級とフェザー級のプレイオフ出場選手は、全員が計量ミスはなく全試合が行われる運びに。フェザー級は補欠戦出場のジャレミー・ケネディ以外は、全て146ポンドか145.5ポンドに数字が揃っていた。

一方ヘビー級ではシーズン中と同様にアレックス・ニコルソンが220.5ポンドと最軽量で、対戦相手のジャック・メイとの体重差は17キロ以上もある。補欠戦出場のマイク・カイル: 223.5ポンドで、彼もまたモー・デリースより11キロ軽い。仮にニコルソンが準決勝を果たし、ジョシュ・コープランドと対戦することになれば20キロ近い──危険信号が灯るといっても過言でない体重差となる。

■PFL2018#8 Playoff 計量結果

<ヘビー級準決勝/5分3R>
TBA
TBA

<フェザー準決勝/5分3R>
TBA
TBA

<ヘビー級準決勝/5分3R>
TBA
TBA

<フェザー準決勝/5分3R>
TBA
TBA

<ヘビー級準々決勝/5分2R>
フランシマール・バホーゾ: 252.5ポンド(114.53キロ)
ジョシュ・コープランド: 263.75ポンド(119.63キロ)

<フェザー準々決勝/5分2R>
スティーブン・サイラー: 145.5ポンド(66.0キロ)
ナザレノ・マルガリエ: 146ポンド(66.22キロ)

<ヘビー級準々決勝/5分2R>
ジャック・メイ: 260ポンド(117.93キロ)
アレックス・ニコルソン: 220.5ポンド(100.01キロ)

<フェザー準々決勝/5分2R>
ジャマビエク・トルスン: 145.5ポンド(66.0キロ)
アレッシャンドリ・カピタォン・アルメイダ: 146ポンド(66.22キロ)

<ヘビー級準々決勝/5分2R>
フィリッピ・リンス: 229.5ポンド(104.09キロ)
カイオ・アレンンカウ: 249.2ポンド(113.03キロ)

<フェザー準々決勝/5分2R>
アンドレ・ハリソン: 145.5ポンド(66.0キロ)
アレッシャンドリ・ポポ: 145.5ポンド(66.0キロ)

<ヘビー級準々決勝/5分2R>
ケルヴィン・ティラー: 265.5ポンド(120.42キロ)
ジェイク・ロショルト: 248.25ポンド(112.6キロ)

<フェザー準々決勝/5分2R>
ランス・パーマー: 146ポンド(66.22キロ)
マックス・コガ: 145.5ポンド(66.0キロ)

<ヘビー級補欠戦/5分2R>
マイク・カイル: 223.5ポンド(100.69キロ)
モー・デリース: 247.75ポンド(112.37キロ)

<フェザー級補欠戦/5分2R>
マルコ・ロウロ: 145.5ポンド(66.0キロ)
ジェレミー・ケネディ: 145.25ポンド(65.88キロ)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

大会予定(現地時間)

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday