この星の格闘技を追いかける

【ONE79】アジアンMMA新時代、一進一退のトータルファイトの果てに若松がキンガドに下る

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ダニー・キンガド(フィリピン)
Def.3-0
若松佑弥(日本)

まずローを蹴ったキンガド、若松はより勢いのある右ローを返す。体がよれたキンガド。続くローが急所に入り、試合が一時中断する。リスタート後、右オーバーハンドから右ローを蹴る若松が、左ハイを見せる。キンガドはサイドキックの構えを見せると若松は距離を取り直し、右フックに右を合わせていく。さらにローを蹴った若松は左右に動きつつ、追いかけてきたキンガドに右を打ち抜きダウンを奪う。

必死に立ち上がったキンガドはパンチの振りが大きくなり、右ハイも空振りにする。若松はワンツーで前に出ると、組んできたキンガドがテイクダウンからバックに回る。後方に崩されそうになり、すぐに立ち上がった若松は、キムラロックからの投げを一回転するように着地してスタンドに戻る。

左ボディフックを入れた若松は、続く右オーバーハンドは空振りになりキンガドのシングルからスクランブルでバックを譲りRNCに捕らえられる。タイトに入ったようになった絞めから、目を見開き体を捩じって逃れた若松が上を取り直したところで初回が終わった。

2R、若松の右オーバーハンドに右を返したキンガド。若松はさらに左フックを打っていく。ローの蹴り合いからキンガドの右オーバーハンドの距離を外した若松は後回し蹴りを胸に受ける。若松は右が空振りとなるが、続くワンツーの左を当てダブルレッグを切る。キンガドはここでもシングルを狙うも、若松はバックを譲らずに立ち上がって逆にキンガドをケージに押し込む。

ヒザを入れたキンガドは若松の離れ際に左フックを放つ。さらにキンガドはサイドキックでヒザを連続で狙うという、えげつない攻撃を見せる。そのサイドのヒザ蹴りに左を合わせようとした若松だが、自らの踏み込みで姿勢を崩す場面が見られた。

最終回、若松のヒザが心配だ。右ローに左を合わせた若松はボディロックテイクダウンを潰しバックに回る。後方から左のパンチを入れ、バックに落ち着いた若松に対し、キンガドもむやみに動けない。一気に胸を合わせた立ち上がったキンガドは右ハイから左フックを見せ、やはり体の軸が強く直後にダブルレッグを決める。

背中に乗られそうになった若松だが、前方にキンガドを振り落として離れることに成功。残り2分、慎重な動きのなかで若松が左ジャブを当てる。キンガドも右オーバーハンドを繰り出し、決して打ち負けない。ワンツーで前に出た若松、キンガドはダブルレッグを切って逆にバックに回り両足をフックしようとする。

背中を譲ったままで立ち上がった若松は、後方への投げから両足をフックされパンチを打たれてしまう。ここで攻められたのは痛い若松、上を取り直してパウンドを落としタイムアップへ。ダウンを奪ったのは若松、RNCを極めそうになりテイクダウンでリードしたのはキンガド。果たしてジャッジの裁定は、3-0でキンガドを支持し若松は激闘の末、ONE初戦を落としてしまった。

それでも22歳のキンガド、23歳の若松の強い打撃とテイクダウンからスクランブル&トランジッションが存分に見られたMMAは、アジアに於いてこのスポーツが新しい時代を迎えつつあることを感じさせた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday