この星の格闘技を追いかける

【AJCC2018】橋本知之欠場のルースター級で、芝本幸司が6度目のアジアの頂点に!!

Koji Shibamoto【写真】橋本のいないルースター級で、しっかりと優勝しポイントも獲得した芝本(C)MMAPLAET

7日(金)から9日(日)まで東京都足立区の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジア柔術選手権2018」。日本最大の国際トーナメント、アダルト黒帯決勝戦をレポート。まずは橋本知之が欠場したルースター級のファイナルの模様をお届けしたい。
Special Thanks to Mr.Takya Araki


01<ルースター級決勝/10分1R>
芝本幸司(日本)
Def.8分49秒by 片羽絞め
渡辺翔平(日本)

橋本知之が欠場したルースター級では渡辺翔平が、澤田伸大にレフェリー判定で勝利しトライフォース勢のクローズアウトを阻止し、芝本幸司戦に駒を進めた。

共に引き込み、すぐに立った芝本にまずアドバンテージが与えられる。スパイダーから足を絡ませる渡辺のバックを取った芝本がワンフックで背中を制す。離れてガードに戻った渡辺、ここで芝本がアドバン2つ目を獲得。潜ろうとする渡辺の足を捌いた芝本に、もう一つアドバンが入る。

マット中央で再開となり、ヒザを潰してプレッシャーを与える芝本がサイドから上四方で抑えに入るが、乗り過ぎで渡辺がガードに戻しつつハーフを取る。

ここでパスのアドバンを重ねた芝本がアドバン4-0で試合をリードする。渡辺は芝本の右足を引き寄せ、帯を取って背中を奪いにかかるが、逆に芝本がスボンのウェストを取る。起き上がられないようズボンをリリースし、元の態勢に戻った芝本は右足の裾のグリップをはがしにかかるが、渡辺も懸命に掴み続ける。

02さらに右足で芝本の胸板を蹴った渡辺。ここで両者にルーチが掛かる。立ち上がった芝本のパス狙いにラッソーの渡辺が、横回転からストレートフットロックに取り、座った形でリバーサルの2Pを取り逆転する。

芝本は左足を右ワキで抱えられている状態で背中に張り付き、渡辺が足を外したところでバックマウント狙いから、上を取って2-2に追いつき、アドバンでリード。さらにパスのアドバンを得て、背中を向けた渡辺をコントロールしていく。

03渡辺も亀から足を取ってヒザ十字、さらにアンクルを仕掛けるが、極めることはできずハーフを取り直す。そのまま潜ってくる渡辺を潰し、スパイダーの仕掛けを強いポスチャーで凌いだ芝本はパスからバックへ。足をフックすることなく片羽絞めで一本勝ちし2連覇、通算6度目のアジアの頂点に立った。

■ルースター級リザルト

優勝 芝本幸司(日本)
準優勝 渡辺翔平(日本)
3位 澤田伸大(日本)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY