この星の格闘技を追いかける

【UFC228】ドッドソンの踏み込みを潰したリベラが、パンチの精度で上回り快勝

<バンタム級/5分3R>
ジミー・リベラ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ジョン・ドッドソン(米国)

サウスポーのドッドソンの前足を右ローで蹴るリベラ。ドッドソンも左ローを返す。右ミドルをキャッチされたリベラは押し倒されるが、直ぐに立ち上がる、離れたドッドソンは左ハイ、ブロックしたリベラよりもやはりスピードがあるか。組んだリベラがバックに回ってリフト、足を掛けてクラッチをはがしたドッドソンが離れることに成功する。すかさず左ハイを見せたドッドソンがニヤリと表情を崩す。

素早いジャブから左を放ったドッドソン、パンチスピードでは負けていないリベラが右を返し、ワンツーを放っていく。パンチの合間にローを続けるリベラに対し、一瞬にして距離を詰めたドッドソンが左を当てていく。その距離で左フックを合わせようとするリベラ、一瞬の迷いも許されない最初の5分が終わった。

2R、ここも右ローから試合に入ったリベラはドッドソンの左を左で迎え撃つ。ローを続けるリベラが、ドッドソンの踏み込みを殺しにかかる。近づいたなかでパンチを交換する両者、ドッドソンは左の蹴りをキャッチするも自らリリースして離れる。リベラは右を当て、ドッドソンは左ハイを狙う。右ミドルを当てたリベラに対し、ドッドソンは左ミドルを放つ。プレッシャーを掛けるのはリベラ、ドッドソンは圧の外からスピニングバックフィストを狙うが空振りに。

左ヒザを狙ったドッドソンにワンツーを放ったリベラが、基本相手を動かしてから攻めている。リベラの右ローが急所に入り、試合が一時中断。再開後、リベラが左フックを伸ばす。ドッドソンは左ミドルをキャッチされにそうになりながらも、腹への攻撃を続けた。

最終回、距離を詰めたドッドソンに左フックを当てたリベラは、右ロー、さらに右のカウンターをヒットさせる。リベラは右ボディストレートを入れ、ドッドソンはなかなか踏み込めなくなっている。右ローで蹴られると、一瞬動きを止めることが出て来たドッドソンは、前蹴りから左ジャブを貰う。踏み込みでドッドソンを下がらせるリベラは、接近すると右フックを入れる。最後の10秒で右ストレートをヒットさせたリベラ、ドッドソンは接近してボディを連打したが──これはアピールにはならなかったか。

結果、精度で上回ったリベラが3-0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY