この星の格闘技を追いかける

【ONE76】ロードFC~ウォリアーズシリーズ~本戦急遽出場のパク・デソン、疲労困憊の判定勝ち

<ウェルター級(※83.9キロ)/5分3R>
パク・デソン(韓国)
Def.3-0
トレスタル・タン(フィリピン)

すぐに距離を詰めたタンがケージにパク・デソンを詰めていく。ケージを背負ったパクが大腰からサイドを取って顔面にヒザを入れていく。ニーインベリーからマウント狙いのパク・デソンは、フックガードを取ったタンの顔面に正面からヒザを打ち込む。動きが止まったタンにパウンドを連打し、起き上がったところに小外掛けで倒す。

足を捌いてパンチを打ちつけるパク・デソン、顔を覆うだけのタンに対してヒザを再び打ちつける。ハーフに戻したタンが、シングルに出るが切られてヒザを連続で頭部に打ち付けられる。必死で立ち上がったタンは、ケージを背にした状態でパク・デソンが放ったスピニングバックフィストを避けてバックを取る。パク・デソンは胸を合わせて逆にケージに押し込みタイムアップを迎えた。

2R、右ハイから右ストレートを放ったタンに組みついたパク・デソンが、大外刈りでテイクダウンに成功する。パス狙いにタンは、手首を掴んでフックガードを取る。さらにクローズドに移行するが、パク・デソンも動きは初回ほど多くはない。体を起こしたパク・デソンに組みついたタンは、離れて右ローを左ミドルに合わせる。

バランスを崩したパク・デソンは、組んで払い腰で投げてここもトップを奪う。ガードの中でパウンドを落とすパク・デソンだが、動きが少なく残り50秒でブレイクを命じられる。タンは右ストレートで距離を詰めて、アッパーを振るい右ストレートを打ち込む。タンのテイクダウン狙いを首を抱えて耐えた。

最終回、アッパーで前に出るタンに対し、パク・デソンが払い腰で投げる。すぐにタンが立ち上がると、パク・デソンはクリンチからダブルレッグへ。キムラロックで上を取ろうとしたタンだが、パク・デソンはトップをキープする。三角狙いを担いだパク・デソンは、足を戻されてトップを維持。そのままタイムアウトとなり、判定勝ちしたパク・デソンは1階級上での急遽出場ということもあり、疲労困憊の表情で勝ち名乗りを受けた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY