この星の格闘技を追いかける

【ONE73】ジャダンバが粘るケリーをバックマウントから殴り倒す

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
ジャダンバ・ナラントンガラグ(モンゴル)
Def.2R4分58秒by TKO
エドゥアルド・ケリー(フィリピン)

サイドキックを見せるケリー、ジャダンバはローを蹴り組み合いになるとオーバーフック、得意の無双系の崩しを見せることはできず、ケリーが胸を合わせる。ブレイクが掛かり、ジャダンバはフックから組んで投げを打つ。小手を決めて内股でトップを取ったジャダンバはサイドで抑え、顔面にヒザを入れる。ディープハーフのケリーに対し、おっつけてパンチを落とすジャダンバは、起き上がって足を捌いて思い切りパンチを打ち込む。

背中を向けて立ち上がったケリーをシングルレッグで倒したジャダンバは、ダブルを潰す。シングルに切り替えたケリー、離れるとジャダンバが左フックを打ち、後ろ回し蹴りをかわし左右のフックをヒットさせる。ケリーは組んで引き込み、パウンドを被弾しながらラウンド終了を迎えた。

2R、ジャダンバが右ハイキック、シングルでケリーをコーナーに詰めてテイクダウンに成功する。担ぎパスから上四方に回り、ノースサウスチョークで絞めるジャダンバ。体を反転させて逃れ、立ち上がったケリーはボディロックでまたもテイクダウンを許す。足関狙いを潰し、レッグドラックの形になったジャダンバがパンチを落とす。背中を預けて立ち上がったケリーは、胸を合わせて離れる。左を当てたジャダンバはハイを避けて右フック、組み合いで小手投げを潰してトップへ。

ケリーは後方回転から、シングルに出るが切られてエルボーを落とされる。ハーフで身を起こし、鉄槌、蹴り上げにもパンチを打ちつけるジャダンバがマウントを取り、背中を見せたケリーを殴り続け、ラウンド終了2秒前にTKO勝ちを決めた。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY