この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#1】ナザレノ・マレガリエがマルコ・ロウロに判定勝ち、勝ち点3Pを獲得

<フェザー級/5分3R>
ナザレノ・マレガリエ(アルゼンチン)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
マルコ・ロウロ(ブラジル)

間合いを図る両者、マレガリエのジャブをロウロがバックステップでかわす。テイクダウンのフェイクも織り交ぜ、圧力をかけるマレガリエに対し、ロウロが左フックを当てる。マレガリエの踏み込みにロウロがヒザ蹴り、組んだマレガリエはバックに回るが自ら離れて打撃の間合いへ。ロウロはスイッチから左ハイを狙う。ブロックしたマレガリエが前に出るが、ロウロが左フックを被せていく。

右、そして左の相打ちからマレガリエが左ボディストレート、ロウロの前進に逆に左フックを当てる。左フックを被弾しないよう低い姿勢で左ジャブを伸ばすようになったマレガリエが右を当てて、蹴り足をキャッチする。すぐに離れた両者は、打撃勝負へ。マレガリエが右オーバーハンドから左フックをヒットさせた。

2R、ロウロの右ローに右を合わせるマレガリエ。さらに蹴り足をキャッチして押し込む。離れたマレガリエがワンツー、続いてダッキングから左フックを2発ヒットさせる。ついにロウロが組みつくが、マレガリエがいなして打撃の間合いへ。ロウロはヒザ蹴りをキャッチされパンチを打たれると、いつの間にか額をカットし流血している。フックとストレートのコンビネーションでロウロの動きを制するマレガリエだが、左フックを受けて動きが止まる。

勢いよく距離を詰めたロウロにダブルレッグを決めたマレガリエが、ラバーガードを潰しケージに押しこむ。ロウロはキムラ狙いも、腕を引き抜いたマレガリエがパンチを落とす。続くヒールも察知されたロウロは、マレガリエが立ち上がって足を抜いた際にもスタンドに戻れず、腰をコントロールされる。左のパウンドを落とし、足を一本抜いたマレガリエ。ロウロがフルガードに戻し、ガードから右フックを当てる。マレガリエが立ち上がった直後にラウンド終了を迎えた。

最終回、左を入れたマレガリエ、ローは右ローを返す。ロウロの右フックに対し、マレガリエが右フックを返し、左ジャブを差す。右ストレートから勢いのある左フックをヒットさせたマレガリエだが、彼もまた左目尻をカットしている。ロウロは左フックから右オーバーハンド、マレガリエがケージを背負う。ロウロは姿勢を乱しながら右を当てる。

前に出るのはロウロで、マレガリエは足を使ってカウンターを狙う。残り1分、ボーナスよりも勝ち点を取りに行く状況で、ロウロの左フックを被弾したマレガリエがダブルレッグへ。ケージを背にして耐えたロウロ。マレガリエがケージに押しこんだ状態でボディに細かいパンチを連打し、右フックを当てて離れるとタイムアップに。

初回と最終回は差がなく、2Rはマレガリエと思われるが……PFL初の判定決着は、3‐0でマレガリエに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY