この星の格闘技を追いかける

【UFN129】豆タンク、ブラゼレスがウェルター級転向初戦でカミングスに競り勝つ

<ウェルター級/5分3R>
ミシェウ・プラゼレス(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.29-28
ザク・カミングス(米国)

タンクのようなボディのプラゼレスが、ウェルター級へ階級を上げてカミングスと対戦。ハンドスピードが速いプラゼレスが、右を当てて組みつくがテイクダウンには至らない。再び右を振ったプラゼレスがシングルレッグに移行し、テイクダウンに成功する。ハーフで抑え、肩パンチを落とす。残り2分でブレイクが掛かり試合はスタンドに戻ると、カミングスが左ミドルを蹴る。直後の接近戦で頭が当たり、カミングスが左目尻をカットする。前に出て来るカミングスにフックを振り回すプラゼレス。その勢いにカミングスはリーチの長さを利用することができない。

2R、初回と同じように組み付いたプラゼレスがバックに回り、前方へのテイクダウンから両足をフックする。カミングスが立ち上がると、フックを外したプラゼレス。カミングスは胸を合わせて左右のフックを打ち込む。右目の下をカットしたプラゼレスはケージに押された形から押し返そうとするも、状況を変えることができない。

結局、カミングスがパンチを放ち離れる、左ハイを狙う。プラゼレスはローを2つ、右オーバーハンドは空振りに。ここでカミングスの左がクリーンヒットすると、動きが一瞬止まったプラゼレスが左を返していく。組んだカミングスはケージにプラゼレスを押し込み、チリのファンからブーイングが起こる。残り10秒という珍しいタイミングのブレイク後にプラゼレスが右を一発当てた。

最終回、左ミドルを見せたカミングス、プラゼレスも左ミドルを返す。プレッシャーを掛けているのはカミングスが、その前進にプラゼレスが組みつく。すぐに離れ、左フックから右を繰り出すプラゼレスだが、試合序盤のような勢いは感じられない。カミングスが左を当て、プラゼレスも右をヒットさせるも、互いに攻撃が単発だ。組んで必死に押しこもうとするプラゼレスをがぶったカミングスが、逆にケージに運んでヒザを入れる。

残り90秒、ブレイク後にプラゼレスの右が届き、流血が酷くなっているカミングスも左を当て、左ミドルを蹴り込む。体が一瞬沈んだプラゼレスは、そのまま組み付いてダブルレッグでテイクダウンに成功する。カミングスがハーフでキムラを仕掛けたところで試合が終わった。

スタンドの精度ではカミングス、最後もミドルを効かしていたが、勢いがあったのはプラゼレス。結果、ジャッジの判断は割れスプリットでプラゼレスに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY