この星の格闘技を追いかける

【Road FC47】何があった? 佐々木信二がテイクダウン狙い→引き込みを続け、バオ・インカンに敗れる

<72キロ契約/5分3R>
バオ・インカン(中国)
Def.3-0
佐々木信治(日本)

佐々木もラッシュ着用と、中国大会はタトゥーがNGか。右を振るって組みに行った佐々木が、引き込む。寝技に付き合わないバオが離れ、ブレイクで佐々木はスタンドへ。左を振るって前に出る佐々木、バオもワンツーを返し、佐々木のテイクダウを潰す。ガードを取った佐々木はパンチに続き、反則のエルボーを頭部に落とされる。

すぐにレフェリーが試合を止め、佐々木はしばらくして立ち上がり試合が再開。イエローを提示されたバオは左ジャブを当て、ワンツーで前に。左に回った佐々木はダブルレッグでテイクダウンに成功するが、ブリッジしたバオのバックを取り切れず落とされる。腕十字からオモプラッタにもバオは腕を抜いてスタンドへ。ここも佐々木はレフェリーの指示でスタンドに戻った。

残り90秒、左を被弾した佐々木は引き込んでヒールフックへ。そのままスクランブルからバックに回るが、バオが胸を合わせて離れる。バオは鋭いロー、続いて勢いのある右を打ち込みフォローの左も当る。たまらず組み付いた佐々木を潰したところで初回が終わった。

2R、距離を詰めたバオが右ストレート、ケージ際を移動した佐々木だが、左を打たれて前方に崩れる。そのままバオの足に懸命に組みにいった佐々木は、立ち上がってボディロックもテイクダウン狙いで体を入れ替えられ、下にされる。

クローズドに戻した佐々木のハイガードに、なんとレフェリーブレイクを命じる。スタンドに戻った佐々木は右のオーバーハンドの打ち終わりに右を当てられ、ダウン気味に倒れる。しかし、ここでも足に組みつきトップを取った佐々木は足を一本抜き、左の鉄槌を落とすも局面を大きく変えることはできなかった。

最終回、ジリジリと距離を詰め攻め急がない。左に回る佐々木は、近距離でパンチを受けそうになると引き込む。当然、ここもバオは寝技に付き合わずブレイクに。直後にダブルレッグを仕掛けた佐々木だが、バオが金網に押し込みヒザを突き上げ、逆にテイクダウンに成功する。

右のパンチを落としたバオは、佐々木の仕掛けにステップバックしてスタンドへ。シッティングから立ち上がった佐々木は左ジャブにヒザを合わせるが、当たりは浅い。シングルから引き込み、スタンドに戻った佐々木のテイクダウン→引き込みが続く。その度にスタンドに戻るしかない佐々木の放った右は、バオに左を合わされ。最後も左フックを被弾しタイムアップに。

佐々木は0-3でバオ・インカンに敗れた。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY