この星の格闘技を追いかける

【Quintet FN01】サトシ、小見川、金原&宮田=HALEOスーパーチーム!! 柔術はカルペ、旧ZST軍団&日米Uも

Satoshi【写真】サトシはクレイグ・ジョーンズやマーチン・ヘルド級の活躍ができるはず(C)MMAPLANET

10日(木)、6月9日(土)に江東区ディファ有明で開催されるQUINTET Fight Night in Tokyo-Light Weight Team Championshipのチーム&メンバー発表が、東京都千代田区のボディプラスインターナショナル東京オフィスで行われた。


桜庭和志プレゼンツの新しいグラップリング・イベントの第2弾であり、新機軸でもある国内ライト級大会は、またもやアッと言わせる出場選手が集まった。

1チームの総体重の上限が360キロと定められた今大会では、まずHALEOドリームチームのチームメイトだった中村大介と所英男がチーム・リーダーとなることが明らかとなっていたが、今日の会計でチームHALEOとしてホベルト・サトシ・ソウザ、小見川道大、金原正徳、宮田和幸に加え、もう1名というスーパーチームの出場がアナウンスされた。

さらに日本柔術界からはチームCARPE DIEMとして岩崎正寛、杉江アマゾン大輔、世羅智茂、デヴィッド・ガルモに加え、松本義彦の出場が決定。

Itoチーム所英男改め、チームTOKORO PLUSは所、矢野卓見、小谷直之、今成正和、そして伊藤盛一郎の5名。チーム中村大介改めチームU-ZUKIDOは中村を始め、井上学、ビクター・ヘンリーと残り2名という構成であることが発表された。

チームHELAOはサトシは昨年のムンジアル・ライト級準優勝で、MMAではREALのスーパーライト級王者で、柔道の小見川、国内MMAバンタム級最強の誉れ高い金原、さらにグレコ五輪代表の宮田と、今日発表された4選手はベースが違うMMAでも活躍するアスリートが集結しており、もう1名の発表が待たれる。

Iwasaki旗揚げ大会において、大会運営面で存在感をアピールしていた日本ブラジリアン柔術界からは、異端なトップアカデミー=カルペディエムが参戦。

岩﨑はライト級でヨーロピアン2位、岐阜のカルペディエムホープから、国内柔術界のフェザー級&ライト級でトップを走り続けてきたアマゾン、スクランブルMMAの申し子・世羅に加え2009年パン柔術フェザー級優勝の松本のメンバー入りはトピックスだ。チームCARPE DIEMは即席でない、純粋にカルペ一門で成り立っている。

チームTOKORO PLUSは旧ZST、チームU-ZUKIDOは日米UWF混成チームという色があり、非常にバラエティかつ実力者が揃ったチーム対抗戦となる。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY