この星の格闘技を追いかける

【ACB86】テイクダウンを奪うと鉄槌、パンチ、エルボーでトニーニョ・フリアをバゴフが殴り倒す

<ライト級/5分3R>
アリ・バゴフ(ロシア)
Def.1R3分47秒by TKO
トニーニョ・フリア(ブラジル)

ACB3戦目のトニーニョ・フリアは前回の試合でイスラム・マカエフを判定で破り、そのマカエフのチームメイト=バゴフが敵討ちを誓うケージへ。バゴフは開始直後にダブルレッグを決めると、トニーニョ・フリアのバタフライスイープを2度潰しトップをキープする。ヒールを狙ったトニーニョ・フリアだが、これを潰されケージ際に顔面にパンチを被弾する。バックに回り切れない状態でのバゴフの強引な絞め狙いに対し、トニーニョ・フリアがディープハーフからスイープを狙う。

バゴフは勢いのあるパンチを入れて、この試みを遮断し鉄槌を思い切り落とし続ける。左の鉄槌の連打で受け動きが止まったように見えたトニーニョ・フリアは、懸命に蹴り上げや足関節で反撃を試みる。これらの動きを強烈な勢いの鉄槌、パンチで潰していくバゴフの連打に一度はスタンドに戻ったトニーニョ・フリアだが、前方に崩された直後に左エルボーを打たれると、ついにレフェリーが試合を止めた。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

WEF X Arzalet

ONE DAY