この星の格闘技を追いかける

【KSW43】体重オーバーのパークが左ハイでダウンを奪うなど、攻勢を続けレウツキを判定で下す

<72.2キロ契約/5分3R>
ノーマン・パーク(英国)
Def.3-0
ウーカス・レウツキ(ポーランド)

サウスポーのパークにレウツキが左ローを蹴って、ワンツーで前に出る。パークは左ハイを繰り出し、左ストレート。圧力を掛け、左を見せてから組み付く。すぐに離れた両者、ローを蹴り合ってからパークが左ハイ、続いて左ローを蹴っていく。さらに左ストレートで前に出ると、ケージに詰まったレウツキに左を繰り出す。これをキャッチしたレウツキだが、テイクダウンにはいかずリリースした直後に左を被弾する。

ケージの前を左に回るレウツキに重い左ローを入れたパークが、左ミドルにつなげる。ここでパークにアイポークがあったと試合が中断。再開後、距離が縮まりレウツキが左フックを振るっていく。構わずハイとミドルを蹴ったパークはレウツキが組んできても、体を入れ替えて逆にケージに押しこんで離れる。右ジャブを当て、テイクダウン狙いをスプロールし、離れ際に左ハイを狙ったパークが終了間際にヒザ蹴りを2発放つなど初回を取った。

2R、レウツキはワンツーから左を伸ばし、シングルレッグ。これを受けてとめて切ったパークがケージにレウツキを押し込むと、ヒジ打ちをかわして距離を取り直す。ミドルを蹴り合った両者、パークの左ローにレウツキがバランスを崩す。ここでパークはワンツーを入れ、大振りのレウツキのフックに対して真っ直ぐのパンチを当てていく。さらにハイから左ローを連続で蹴り、レウツキの強引なテイクダウン狙いを切って、パンチを当てて離れる。

左足でなく右足へのローで動きが止まったレウツキは、連打を被弾してもパンチを返すが、ダブルレッグでテイクダウを奪われる。ガードの中からエルボーを落とし、レウツキを流血に追い込んだパークはしがみつかれてもヒジを打っていく。このままトップを取ったままパークが2Rを戦い切った。

最終回、テイクダウン狙いのフェイクから左ミドルを蹴り込んだパークは、クリンチの攻防でのレウツキの大内刈りを凌ぎ、続くダブルレッグを切ってヒザをボディに突き刺す。右リードジャブを打ち込み、下がったレウツキにボディストレート、首相撲からヒザを入れる。体を丸めるような形で左フックを返すレウツキだが、パークは左ローから左ハイでダウンを奪うと、パウンドでラッシュを掛ける。

ガードのなかで一度落ち着いたパークは左ヒジを連続して落とし、レウツキが腰を切るとヒジを張って腕十字を防ぐ。残り1分、ガードで落ち着くレウツキはスクランブルに持ちこむ動きは見えず、パークが左のパンチ&エルボーを打ち続け、最後は左右のパンチを落としてタイムアップに。

パークがレウツキを抱き上げ、レウツキはパークを肩車で健闘を称え合う。裁定は危なげない試合展開で戦い抜いた体重オーバーのパークが判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY