この星の格闘技を追いかける

【RFC46】パンチ&TDでは優った下石だが、ヒザ蹴りからRNCでベルナウイが一本勝ち。決勝へ

<ライト級T準決勝/5分3R>
マンスール・ベルナウイ(フランス)
Def.3R1分47秒 by RNC
下石康太(日本)

試合開始直後に下石がシングルへ。これをカットしたベルナウイがパンチで攻め込むも、かわして再びシングルを狙う下石。ベルナウイにケージへ押し込まれるも、体勢を入れ替えるなど、ケージ際で差し合いの攻防が続く。ベルナウイは首相撲から右ストレート。下石は離れてローを繰り出す。さらに左ボディーストレート。これを受けたベルナウイが下がり始める。そこですかさずダブルからテイクダウンに成功した下石。頭をおっつけていくが、ベルナウイにスイープを許してしまう。

立ち上がった下石は、ベルナウイをケージに押し込みながら、再びテイクダウンを狙う。左足をリフトし、グラウンドに持ち込んだ下石。しかし下石がパスを仕掛けると同時にベルナウイはスイープ。下石がハーフガードでしのいだところで、ファーストラウンドを終えた。

2R、ベルナウイが飛びヒザを見せたところで、左右フックを打っていく下石。続くシングルは切られたものの、差し合いでベルナウイをケージに押し込む。ダブル、シングルと切り替えてテイクダウンを狙う下石の首を抱えるベルナウイだが、ギロチンを極めるには至らない。下石は腰を落とし、組み付いたままテイクダウンを狙い続ける。

ベルナウイは下石のパンチをもらいながら、首相撲からヒザを顔面、ボディへ突き刺す。下石はヒザをもらいながら、シングルで倒すが、ベルナウイもすぐに立ち上がる。ベルナウイが距離を詰めると、左右のフックで迎え撃つ下石。ベルナウイは距離が近づくと、首相撲を狙うように。だが、下石は残り30秒近くなったところで、テイクダウンに成功し、トップをキープしたまま2Rを終えた。

最終回、下石が距離をとりながら左ロー、左ストレート。リーチにまさるベルナウイのパンチもヒットするが、下石も組み付いて離れてのヒットアンドアウェイへ。ここでベルナウイの前蹴りが下石の顔面を捉える。すかさず組みに行った下石に対し、ベルナウイは首相撲&ヒザ蹴りへ。シングルを狙った下石だが、ベルナウイは頭を潰し腕十字を狙うような形で背中に乗って鉄槌を頭部に打ち込む。ベルナウイが頭に掛けていた足を解き、立ち上がった瞬間は下石がスクランブルに持ち込むチャンスだったが、ヒザ蹴りが効いていたのか動けない。ベルナウイは右足をフックしつつ横回転で仰向け状態でバックマウントを完成させる。ここから得意のRNCを極めて、ベルナウイが逆転の一本勝ちを収めた。

これでライト級トーナメント決勝戦は、シャミール・ザフロフとマンスール・ベルナウイが争うこととなった。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY