この星の格闘技を追いかける

【UFC221】初回に勝利間近だった阿部大治、2Rから失速。ジュモーにキャリア初黒星喫する

<ウェルター級/5分3R>
ルーク・ジュモー(ニュージーランド)
Def.3-0:29-27.29-28.28-27
阿部大治(日本)

左ミドルハイを見せた阿部は続いてローから、左ミドルを蹴っていく。ジュモーはワンツー、阿部は大きな振りのフックを見せて前に出るが、そこに左ジャブを当てられる。阿部は下がらず、踏み込んでショートのワンツー。距離を取ったジュモーに左右のロー、左ミドルを続ける。左フックを被弾して、後方に腰が崩れた阿部は立ち上がってワンツーを打ち返す。ローに右を合わせた阿部は左ジャブの差し合いに続き、ミドルをキャッチされた状態で右を打ち込む。

さらにジュモーの前進に右ショート、ここからプレッシャーを強めると、右ストレートを当て動きが止まったジュモーに左右のフックでラッシュを掛ける。一旦離れたジュモーが「来いッ」とアピールするも、続くパンチからテイクダウン狙いに右フックを合わせた阿部が前方に崩れたジュモーにパウンドを連打する。立ち上がったジュモーの押すような左でバランスを崩す場面もあったが、阿部は殴られるとそれ以上殴り返す戦いで初回を取った。

2R、ショートのコンビネーションからダブルで阿部に尻餅をつかせたジュモー。阿部はすぐに立ち上がる。再びパンチから組んできたジュモーに柔道流の投げを阿部は狙うが、これはすっぽ抜ける。ジュモーはタイミングの良い左ミドルや右ボディフックを入れ、右クロスを打ち込む。さらに阿部の踏み込みにジャブを合わせるジュモーは、ミドルも効果的に使う。

蹴り、パンチでボディを打たれる阿部は左ハイを避けるも、受動態のファイトが続くラウンドに。ジュモーは右ローを蹴るようになり阿部の間合いを巧みに外す。口が空き気味の阿部のパンチは初回ほどインパクトがなく、この回はジュモーが取り返した。

最終回、前に出ながら左ミドル、続いて左ローを入れた阿部。ジュモーは左フックを返す。続いて右リードを入れたジュモーが、左フックを被せていく。踏み込んでの一発が目立つジュモーが右ハイ、阿部は手数が少ない。ジュモーが踏み込んだ際、阿部の右フックが左目の周囲に当たり、目が大きく腫れる。しかし、パンチによるダメージなのにレフェリーへのアピールでブレイクが与えられ、ドクターチェックに。

指を伸ばすなとお門違いのレフェリーの注意を受けた阿部は、再開後右からのジュモーの蹴りに前に出ることがままならない。残り90秒、オーソに構える場面もあった阿部だが、左を被弾しローを蹴られる。右ローでバランスを崩し、サウスポーに戻した阿部だが、反撃に出ることはできない。さらにフックを被弾し体が揺れた阿部は、ついに右ローでマットに転がされ、パウンドを受けながらタイムアップを迎えることとなった。

初回は勝利間際まで攻勢に立った阿部だが、2Rから動きがガクンと落ちオクタゴン2戦目で判定負け、キャリア初黒星を喫した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY