この星の格闘技を追いかける

【Bellator192】コラレスがローでカラキャニャンの左足を破壊、3連敗からの3連勝飾る

<フェザー級/5分3R>
ヘンリー・コラレス(米国)
Def.3-0:30-27,29-28,29-28
ジョージ・カラキャニャン(米国)

開始早々、コラレスが左ジャブからの右オーバーハンド。カラキャニャンも右クロスをヒットさせる。打撃の交錯からカラキャニャンがダブルレッグを仕掛けるが、コラレスはケージ際でカットした。距離が近くなると、首相撲からヒザを打ち込むカラキャニャン。しかしコラレスは少し距離を取り、大振りのフックとインサイドからのストレートを織り交ぜていく。

カラキャニャンがまたも首相撲に行くと、小さいパンチを当てながら引きはがすコラレス。さらにアッパー、ボディを繰り出すとカラキャニャンも離れる。前蹴りで自分の距離をつくろうと試みるカラキャニャンだが、コラレスのプレッシャーは止まらない。さらにカラキャニャンのダブルレッグをカットし、ローとショートのパンチをコツコツ当てていくコラレス。ラウンド終了間際には、左フックから、パンチを数発当てた。

2R、オーバーハンドの右からボディへつなげるコラレス。カラキャニャンのテイクダウンを防ぎ、パンチとローでペースを握る。するとカラキャニャンはコラレスの左足へシングルレッグ、ケージへ押し込む。コラレスはこれもカット、反対にカラキャニャンをケージに押し込み、ヒザを打ち込む。カラキャニャンはコラレスの首を抱え、ギロチンの体勢で引き込むが、すぐにコラレスに首を抜かれてしまう。

トップをキープするコラレスに対し、下から腕十字を狙うカラキャニャン。だが極まらず、ガードポジションを強いられる。残り1分を切ったところで、コラレスは一度離れ、スタンドに戻るも、すぐにカラキャニャンをケージに詰める。打撃の展開に戻ると、ここでもパンチを当てるコラレス。
左目尻から出血が見られるコラレスに、カラキャニャンも右のショートを2発ヒット。さらに飛び蹴りを繰り出したところで、2Rが終了した。

最終回、左右の前蹴りを放つカラキャニャン。コラレスは、バックステップでかわしながら、距離を詰めようとする。パンチの交換から、コラレスのローを左足に食らったカラキャニャンがバランスを崩してしまう。すかさずシングルレッグを仕掛けるも、コラレスに防がれてしまう。スタンドに戻り、オーソドックスからサウスポースタンスに切り替えたカラキャニャン。やはり左足が効いているのか。

コラレスが距離を詰めながらパンチを振るう。カラキャニャンのダブルレッグは距離が遠く、コラレスもディフェンス。カラキャニャンは相手をケージに押し込みながら、展開をつくることができない。残り1分、カラキャニャンはコラレスの太ももにヒザを連打するも、コラレスは崩れず。シングルレッグに切り替えたカラキャニャンは、さらにバックに回りRNCを仕掛けるも極まらない。最後はお互いに大振りのフックを打ち合い、試合が終了した。

判定は3-0でコラレス。2015年のベラトール初参戦から2016年まで3連敗を喫したコラレスだが、2017年から3連勝となった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

WEF X Arzalet

ONE DAY