この星の格闘技を追いかける

【UFN124】回り続けるテイラーに対し、間合いを外して待ったアルドリッチが判定勝ち

<女子フライ級/5分3R>
JJ・アルドリッチ(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ダニエラ・テイラー(米国)

サウスポーのアルドリッチが左ストレートを入れる。小兵&マッスル系のテイラーはローを返す。続くローにカウンターの左ストレートを合わせたアルドリッチが、間合いを取り直す。テイラーはフックを振るいつつ、左右上下に動き続ける。そこに左を当てようとするアルドリッチが、組んでケージにテイラーを押し込んで、小外掛けでテイクダウンに成功する。

残り1分、パス狙いのアルドリッチに対し、テイラーはロックダウンで耐える。終了間際に体を起こしてパンチをまとめたアルドリッチのラウンドとなった。

2R、テイラーが踏み込んで左フックを放ち、右インローを蹴っていく。距離が近づくと、左ストレートを狙うアルドリッチが、右ジャブを当てる。そして左ストレートで迎え撃つ。テイラーも右フックを返し、アルドリッチのレンジで戦うことはない。アルドリッチはジャブから前進で局面を打開しようと試みるも、テイラーの右を被弾してしまう。左ミドルを決めたアルドリッチに対し、テイラーも右ミドルを蹴り返す。アルドリッチの前進に左フックを入れ、バランスを崩させたテイラーが微差を取ったか。

最終回、左ストレートをクリーンヒットさせたアルドリッチ。左右に回るテイラーを追いかけるのではなく、間合いを取り直して中央で誘う。続いてアルドリッチはローで前に出てきたテイラーに左を入れ、スピニングバックフィストをヒットさせる。右ハイ、左ストレート、組んで離れ際に右を打ち込むなどペースを掴んだアルドリッチが、左ストレートをテイラーに打ち込む。テコンドーベースのアルドリッチはトリョチョギなど、持ち味を発揮し始めスナップを効かしたジャブ、右フックを当てる。

動きはあっても、攻撃は少ないテイラーは効果的な攻撃がないまま試合タイムは、残り1分を切っている。右ジャブ、右フックから左ロー、そして左ハイを繰り出したアルドリッチが、テイクダウンを狙う。これを防いだテイラーだが、反撃に転じることなくタイムアップを迎えた。

相手を追いかけるのでなく、真正面に立たせて自らの攻撃でリズムを掴んだアルドリッチが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

r t One02

Movie